吉本報道がおかしい!反社とのつながり問題から吉本の労働環境問題にすり替わる

2019年7月24日TBSの朝の報道番組『あさチャン!』でメインキャスターの夏目三久が

吉本興業関連の報道について『報道の在り方』について言及したことが話題になっている。

加熱しすぎる吉本興業の報道内容は吉本興業社長の会見内容がどうだったとか、

体制が悪いので吉本を辞めると言い出した芸人さんも出てきている。

この事態に対し、夏目三久の発言内容を詳しくまとめてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

吉本報道がおかしいと違和感を感じた 夏目三久の発言内容

この日の放送はこんな内容だった。

  • 吉本興業岡本社長の記者会見
  • 会社側の対応を批判していた加藤浩次さんが吉本側と協議

吉本関連の報道に多くの時間を費やした放送だった。

 

 

吉本報道に違和感 正論をかざす夏目三久

夏目三久アナ
夏目三久アナ

この問題については吉本興業内部、加藤さんと会社の問題ですから、

私たちが何かを言及するのは少しお門違いなような気もしますが・・・

 

 

確かに。そうだよね!会社内の問題だ。

TVでよく見る芸能人と事務所のもめごとが、こうして表立って出てくることはあまりない。

 

 

夏目三久アナ
夏目三久アナ

そもそも検証すべきは、吉本興業と反社会的勢力とのつながり、芸人さんと反社会的勢力とのつながり、これについて検証がなされるべきだと思うんですが・・・

 

 

 

と、ここまでは前置きだが、すでに正論!!

今、吉本興業内部の体制を改めて欲しいとか、芸人さんが吉本を辞めるとか。

反社会的勢力との関わりから、そんな問題にいつの間にかすり替わっている事に気づかせてくれた発言だ。

 

 

夏目三久アナ
夏目三久アナ

私たち長い間使って芸人さんと吉本興業の労働環境についてをお伝えしてきましたが、これについては様々なご意見があると思いますし、批判もあると思います。

 

 

ここは、次に言いたいことの前置きだね。

確かに、吉本興業の労働環境について聞けば聞くほど意見を言いたくなるものなぁ。

 

夏目三久アナ
夏目三久アナ

吉本の問題をめぐっては先週からお伝えしてきましたが、同時に参議院選挙が行われていて、投票率が過去2番目に低かったということもありました

 

 

 

夏目三久アナ
夏目三久アナ

これ由々しき事態だと思うんですよね、日本の未来を担う子供たちが政治に関心を失っているというのは、大いに私たちの報道の仕方に問題があるとも思っていますし、私もこの後スタッフとしっかり話していきたいと思っています

 

 

宮迫氏が会見を開いたのが金曜日。

その週の日曜日に選挙があって、吉本興業の岡本社長が会見を行ったのが月曜日だった。

選挙が目前に差し迫っていたのに、報道は吉本興業の話題ばかりだったよね。

 

選挙は水物というけど、その日の天候や話題などで左右されるものなんだなぁ。

もし、吉本興業の話題については一切触れず、選挙の報道ばかりTVで流していたら、

人々の関心は選挙に向かったかもしれない。

 

 

スポンサーリンク

吉本報道がおかしいと違和感 猫組長の記事とは

こうした吉本興業の報道に対して、『吉本・芸人・テレビ局、君ら『全員アウト』やで』と題し、

元反社会的勢力に所属していた経済ヤクザさんの猫組長が吉本報道についてバッサリと斬っている。

 

 

猫組長とはどんな人?前置き情報
  • 山口組系二次団体で長く幹部
  • 現在は投資家
  • 反社の世界を熟知している人物
  • 同じく、山口組系二次団体で長く幹部を務めた小説家の沖田 臥竜氏と交流あり

 

 

 

吉本報道に対する猫組長の記事要約

吉本の岡本昭彦社長は22日の会見で、宮迫氏の契約解除など芸人への処分を撤回しましたよね。あれは非常にまずい。まず多くの芸人が、「結局のところ、何でもありや」と勘違いする。「変なところからお金をもらっても、契約解除にはならんのや」と増長する。ガバナンスも何もあったもんじゃない。

それから今回の事態は、反社がじっと見ていることを忘れてはいけない。当事者の詐欺集団だけじゃないですよ。芸人やタレントと付き合いのある奴らはみんな、「こういうふうに劇場型にすれば、世論を誘導できるのか。企業を思う通りに動かせるのか」と学習しています。芸能と関係がなくても、世論を誘導すれば金儲けに繋がることは多いしね。吉本の経営は、絶対に毅然とした態度をとらなあかんのです。

 

吉本報道に関して、反社がじっと見て学習している・・・。

そうだよね。表立っては出て来ないけど、じっと見ているって表現は適格だ。

 

吉本報道が過熱しすぎていることに違和感を感じている人もでてきているだろう。

報道の在り方で正論をかざした夏目氏、そして猫組長は本物の元反社の人。

吉本の問題は「反社との付き合い」だった。

今、炎上の矛先が全く違ってきていることに、国民全員が気付かなくてはね!

 

吉本の内部の問題なんだから、正直関係ないとしれ~っと報道しなかったらどうだろう。

今、ロンドンブーツの田村敦氏は自宅にまで取材が来ているとか、加藤氏も自宅まで報道が押しかけて来ている。

芸人さんたちに迷惑をかけてまで、なんとしてでも目先をすり替えたがっている感じに見えて来た。

 

 

▼猫組長の記事全文が読みたい方はこちら!▼

公開2時間でアクセスランキングトップに!

違和感を感じている人が多いってことだよね!!

 

 

▼そして、新刊が発売されるらしいよ▼

 

マネーロンダリング、仮想通貨や人工知能に至るまで「投資戦争」という切り口で

現代のお金に関する闇が分かる一冊。金融ダークサイドだ。

 

 

ここあ
ここあ

これは読んでみたい!

 

 

こうした吉本の過熱ぎみTV報道は世論を誘導するための作戦なのか?

だとしたら、これは問題を「在京5社、在阪5社の影響力なのか???

 

そういえば、闇営業報道が出たときに吉本興業がすぐ契約解除をしたのはカラテカの入江氏。

この人の報道はまったくない。入江氏のところにはなぜ、報道陣がかけつけないんだろう?

芸人たちが吉本興業が悪いと批判しているのは働き方であって、反社とつながっていた事ではない。

 

 

スポンサーリンク

まとめ~っ

事の発端は吉本興業の芸人が「事務所を通さずに直で営業をすること」が問題なのではなく、

吉本興業で働く芸人さんの報酬や待遇といった「労働環境」でもない。

吉本の芸人さんが「反社会的勢力と関わりを持っていた事」だった。

そこをはぐらかしたり、報道を湾曲したりとする事はやっぱり「アウト」なのかも!