吉本のギャラ比率は5対5は本当か?吉本興業のギャラ1円明細の画像アリ!

吉本興業のギャラは安い安いと芸人が嘆いていることについて、

吉本興業社長の岡本氏は「人によるが、6:4とか、5:5で出す」と記者会見で言ってたよね?

芸人さん達のギャラ公開に様々な声が飛び交っているのでまとめることにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

吉本興業のギャラの比率は本当か?

もちろん。一か月頑張ってギャラがこれだけってことはないと思うけど、それにしても。だな。

吉本社長が記者会見で言ったやギャラの取り分は「6:4」や「5:5」と言った内容は信じてよいものか?

ココが論点のようである。

 

吉本興業のギャラが1円だったキンボシ西田氏

ギャラが1円!こんなことが吉本興業ではあるんですな。

請負額2円の仕事だとしたら、まっとうな会社では絶対受注しないはず。

額面ではなく、他の有名人と会えるとかたくさんの人に名前を憶えてもらえるチャンスであったり、

何かしらギャラ以外のメリットがあった仕事なのかな?と思ってしまうが、それもなければ問題だ。

 

 

ギャラは「5:5」という部分に言及した発言。

元の支払いギャラが2円だったら「5:5」だったらギャラは1円な!ということ。

この金額では源泉徴収もできないレベル。もしくは源泉招集額が1円だったら!

もはや売り上げは0になるよな。

 

吉本興業のギャラが50円だったキートン氏

キートン氏は現在46歳。過去に浅田真央さんのモノマネをし、ブログが炎上した経験を持つ。

生活費はパチスロで稼いでいるとのつぶやきも見られる。

 

 

キートン氏はそれだけでは無かった・・・

海外まで行って一週間拘束され、ギャラは1万円だったとの事。

5:5のギャラならあの仕事は2万円で受けたのかと発言。

 

仕事ができる場があって、生活できるだけのギャラが振り込まれるなら闇営業なんて行かないと発言。

闇営業に行ってしまうのは生活費を稼ぐためだと。

 

スポンサーリンク

吉本興業のギャラ発言他にも・・・

西沢氏はお笑い芸人初のプロゲーマーでもある人物。

売上だしても1万円のギャラとは!

 

ISSOP氏は吉本に所属する「ダンサー」。

芸人といえばそうだけど、吉本にはお笑い芸人だけじゃなくて「ダンサー」さんもいるんだね。

待遇は、芸人と同じなんだ・・・。

 

エッグ矢沢氏は2016年6月にすでに吉本を退所している。

最終学歴は成蹊大学法学部法律学科と高学歴の人物だ。

YOU TUBERとしても活動している。

 

スポンサーリンク

吉本興業のギャラ発言について友近さんが説明

2019年7月23日TV番組で吉本興業所属の女芸人友近さんの発言が話題になっている。

友近さんはギャラの配分について、こう語った。

 

友近さん
友近さん

それ(ギャラの件)は絶対に言ってはいけないことになってます

お金の流れがどうなっているのか、わからないって事??

 

友近さん
友近さん

私達はまだ(芸人対会社の割合が)1対9、2対8、3対7という認識。

でも5対5と聞いて、ええ?そんなことないでしょう。

 

芸人さんの立場でギャラはおおよそ1:9とか2:8とか、良くて3:7なんだ・・・。

5:5は無いんじゃない?という感覚なんだね。

吉本興業はギャラをそんなに取るほど、運営コストがかかる会社なのか?

在庫を抱えるわけでもないのにね。

 

 

友近さん
友近さん

でも100パー(違う)とは言えないんです。

なぜなら局からいくらもらってというのを(明細で)見ていないから。
他の事務所みたいに、会社にこれだけタレントにこれだけというのは通達してくれない。

聞いても絶対に言ってはいけないことになっています。

 

吉本興業にはこの仕事はいくらの仕事で、いくらの取り分とかそういった明細は一切ないんだね。

という事は、次の月の給料がいくらになるのかわからないって事じゃないか。

吉本の芸人さんは所属している芸人さん6000人と聞く。

ギャラの部分ではこうした覚悟を持っても「お笑いが好きか」ということを天秤にかけながら

活動している人も多いかもしれないね。

 

スポンサーリンク

まとめ~っ

吉本興業社長のギャラ取り分発言で多くの芸人さんがそんなはずはないと言及しだしたね。

芸人さん達は吉本興業の社員ではないから、労働基準法などは適応されない職種なんだけど

それにしても、時代と逆行した考え方を持っているのは確かかもしれない。

芸人さんあっての会社、働く人が気持ちよく働けるような社会性はお笑いの世界にも必要なんじゃないかと思う。

劇場に出ている芸人さん達が生活に困っているんじゃないかと思ったら、

かわいそうが先に来て、笑うに笑えないじゃないか・・・。