「自律神経失調症」と診断!パワハラで会社に行きたくない時の解決策

「自律神経失調症」と診断された原因はパワハラだった!

40代半ばの一部上場企業のサラリーマンAさんは会社にはもう行けないくらいの状態。

退職を決意したんだけど、ナンバー2の立場でもあるAさん。

まだ責任感や会社の退職ルールが気になる様子。

Aさんが無事に退職するにはどうすれば良いのか解決策を伝えるよ!

 

▼退職代行サービスとは何かを詳しく!

退職代行サービスとは?自分で退職手続きを行うのはもう古い?
退職代行サービスとは2018年頃に現れた新しいサービス。退職は自分で手続きをするものだけど今は退職代行サービスを使う人が急増。今後は退職時は「退職代行サービスを使うのが主流」になる勢いすらある。退職代行サービスとは何か。種類や相場観。どんなが人が利用しているのか。転職代行サービスを利用する時に知っておくべきことについてもお伝えするよ!

 

▼退職代行サービスの選ぶ方法を目的別でランキング!

【退職代行に依頼】目的別に選ぶ方法!値段・スピード・年代・実績など
退職代行に依頼しようと思っても、どこがいいのか迷うよね。目的別で選ぶと自分に合った退職代行サービスに依頼できると思う。「値段」「スピード感」「依頼者の年代」「実績」「女性向け」「転職サービスまである」など、退職代行サービスに依頼する時は色々な角度から見て、自分に合ったサービスを探そう。

 

円満退社なら『退職代行サービス』を使ってかしこく!

今の時代は、自分で退職の手続きせずに『退職代行サービス』を使うのが主流になりつつあるんだよ。

『退職代行サービス』はスピーディで「即日退職」も可能なんだ!

退職金や損害賠償などの『交渉』までしたい場合は弁護士しかできないので注意だよ。

パワハラで自律神経失調症になったらもう危険信号!身を守るために一刻も早く行動して欲しい!

 

<弁護士退職代行サービスの特徴>
  • 会社の人と会わずにすぐに辞めれる!
  • 『有休』や『失業保険』のサポートもあり!
  • 相談だけなら無料!
  • 『損害賠償』『残業代』『退職金』『有給消化』の交渉が可能

弁護士法人みやび公式サイト

 

スポンサーリンク

『自律神経失調症』の原因はパワハラ!

Aさんは、20年以上、一部上場企業の自動車ディーラーに勤務している。

5年前にある支店に転勤して、副支店長になったんだ。

妻と高校生の娘は、昇進を喜んでくれたので、Aさんも一念発起して戸建を購入したばかり。

・・・でも、ここの支店長Bさんが、すごいパワハラをしかけてくる人だったんだ!

 

たび重なるパワハラのせいで、Bさんと顔を合わせるのも、出社するのも嫌になってしまった。

心療内科で「自律神経失調症」という診断がされた結果、Aさんはついに退職を決意することにしたんだよ。

 

『自律神経失調症』の原因パワハラ上司に5年間耐える

Aさんが副支店長としてやってきたその日、まず支店長のBさんに挨拶をしたんだ。

すると、B支店長は「なんで赴任前に来ないんだ!」と怒鳴りつけてきたんだよ。

この日からすぐにパワハラは始まった。

Aさんはそれから気を付けてB支店長に接していたんだけど、叱られない日はない。

「ここ、字が間違ってる!小学校出てるのか!」

「部下の営業成績が悪いはお前の指導不足!」

「無能なら2時間前に出社して掃除しておけ!」

50代後半のB支店長は確かにすごい営業マンとして有名だったし、支店長としても10年以上やっている。

でも、Aさんも40代半ばのベテラン。理不尽な叱責には納得できないものがあるよね。

 

はじめは我慢して聞いていたAさんだったけど、あるときB支店長が叱りながらニヤニヤ笑っているのを見て、「これはもしかしたらパワハラなんじゃないのか・・・」と気づいたんだよ。

 

パワハラ上司のせいで何人も辞めていて職場はとうとう人手不足に。

支店には約20名の営業マンと5名ほどの事務員がいたんだけど、彼らもB支店長のパワハラのえじきになっていた。

 

営業マンはとにかく成績について叩かれ続け、そのペナルティとしてトイレ掃除や草むしり、休日出勤などを強制される。

事務員は細かいミスをちくちく言い続けられたり、目の前に書類をたたきつけられたりする。

 

若い彼らは当然、どんどん辞めていくに決まっているよね。

さらに、うつ病や自律神経失調症で休職中の人も数人出ている。

そのせいで、常に10数名程度にまで職員が減ってしまい・・・多忙のため、採用しても転勤してきても、さらに社員が辞めていく悪循環になってしまう。

 

Aさんは管理職なので、退職した営業マンの尻ぬぐいをしたり、コピー取りをしたり・・・。

パワハラ上司の叱責に耐えながら、仕事量は増すばかりだった。

 

『自律神経失調症』の原因はパワハラ!家族も退職に同意

こうした生活を5年間続けてきたAさん。ある朝目が覚めたら体が動かない。

でもなんとか出社したら、B支店長の顔を見ただけで、汗がふき出して、めまいがしてくる。

その日はなんとか仕事を終えたけど、もうダメだと思って総合病院に行ったところ、なぜか心療内科に案内された。

家庭のこと、会社のこと、休日の過ごし方などなど、いろいろお医者さんに質問された。

そして出た診断結果が「自律神経失調症」だった。

 

まさか、自分まで「自律神経失調症」になってしまったと愕然としたAさん。

お医者さんからは「まずは会社を休むこと」「できれば転職も考えること」を勧められたんだよ。

 

その夜、悩みながら家族に「自律神経失調症」と診断された事を相談してみたところ、退職に賛成してくれたんだ。

娘さんからは「最近のパパの様子がおかしかった」と言われ、奥さんは「私も働くから」と涙を流しながら言ってくれたんだ。

これで、Aさんの気持ちは『退職する』と固まったんだよ。

 

『自律神経失調症』の原因はパワハラ!診断書を提出し休職できるか?

職場の状況が大変なことはAさんも当然わかっている。

でも、お医者さんからの「自律神経失調症」診断は危険信号でこれ以上悪化させてはいけない。

そして家族の賛成もあるから、会社にはもう行かない方が身のためだと思ったAさん。

退職する場合、会社の就業規則では、退職届は退職の1か月前に出さないといけない。

そうすると1カ月は、B支店長の隣で罵声を浴びせられながら、パワハラに耐えて働かないといけない。

ましてや、退職届を出した後なのにB支店長と仕事するなんて、どんなパワハラが待ち受けているか想像しただけでも具合が悪くなる。

 

そこで、Aさんは休職後に退職を申し出ようと考えた。

Aさんの会社は大きいので、うつ病などで休職している人は結構いるようだったけど、「自律神経失調症」という病名で、休職できるんだろうか?

Aさんは「自律神経失調症」の診断書をもらって会社に提出するかどうか、迷っているところだった。

 

『自律神経失調症』の原因はパワハラ!休職してから退職できる?

1か月後には退職しないと身が持たない。

そして、今もう会社には行きたくない。

もうパワハラB支店長には会いたくない・・・!!!

Aさんはこの望みをかなえるために、まずお医者さんの診断書をもらって、本社へ直接休職する報告をする手順を考えたAさん。

お医者さんに診断書はもらうことはできる。

でも、果たして本社に休職をしたいと訴えたところで、パワハラB支店長の耳に入ったら「直接電話」をしてこないだろうか。

もしかしたら「自宅にまで押し掛けてくるかもしれない」とまで思うAさん。

厄介なことにならないかと心配は募るばかりでますます体調が悪くなって行ったんだ。

 

Aさんはこれ以上無理に出社すると、自律神経失調症が悪化して体調にどんな異変が起きるかわからない。

そうしたら、次の仕事探しや転職先の働き方にも影響が出てしまう。

 

「自律神経失調症」という病気はずっと引きずってしまう人が実はたくさんいることを本やインターネットで知ったAさん。

ますます、焦るばかり・・・。

 

『自律神経失調症』の原因はパワハラ!コンプライアンス部に報告も

B支店長のしてきたパワハラは許せないよね。

Aさんはもう退職を決意しているし、パワハラB支店長のことを会社に報告しておくことは、残されたみんなのために良いことだと思うんだ。

一部上場企業のように大きな会社だと、きっとコンプライアンス部門がある。

コンプライアンス部門は世の中の倫理的行動に反する行動を社員がしたら、報告を受けて調べる部署なんだよね。

B支店長のパワハラは間違いなくコンプライアンス部で調査をする対象になる。

きっと、B支店長は呼び出しを受けて、もしかすると転勤や降格になるかもしれない。

そうでなくても、今後は少しはおとなしくなりそうだよね。

電話やメールだと面倒なことになりそうと感じるなら「内部通報制度」を利用して匿名で報告するといいかもしれない。

就業規則などを見て、自分の会社のルールをよく調べてみよう。

もし、こういう仕組みがなければ、人事部門に報告するといいかもしれないね。

 

でも、Aさんはこれだけでは退社するまで時間がかかるし、今は自律神経失調症を悪化させないことが先決。

一刻も早く行動に出ないと家族にも申し訳ないと考えていたんだ。

 

スポンサーリンク

『自律神経失調症』の原因はパワハラ!ついに退職代行を利用

これ以上会社に関わると自分が破滅してしまいそうなくらい精神的に追い詰められていたAさん。

もうパワハラ上司に合わなくても良いようにして、今すぐに退職をすすめようと『第3者の力を借りて退職をしよう』と勇気の一歩を踏み出した。

 

Aさんが選んだ『勇気の一歩』とは・・・!

『退職代行サービス』を使ってかしこく退職!

『退職代行会社』たくさんあるから、どう選べばよいのか迷うけど、Aさんが選んだのは『弁護士が退職代行をしているところ』だ。

Aさんの会社は一部上場会社だから、弁護士資格を持った社員がいる法務部があるくらいだ。

顧問弁護士だって当然いる。

退職をするだけの目的で『退職代行サービス』を使うなら弁護士でなくても良いけれど、Aさんは自分と家族の将来を考えて、自分が病気にならなければ受け取れたであろう「退職金」についても交渉をしたいと考えていたんだ。

『交渉』となると、弁護士しかできないのも知っていたAさん。

『弁護士資格を持っていないものが退職交渉をするのはおかしい』と会社に言われた場合は負けてしまう。

最悪、退職が出来なくなるかもしれないからだ。

最初から『弁護士が退職代行をしてくれるところ』が一番お金もかからず、早く解決できると考えたんだよね。

 

弁護士を雇うなんて、大企業に勤めている役職付きや有名人以外、昔は考えられなかった。

でも今は普通の人でも弁護士を利用する時代になって来たんだよね。

一般の退職代行サービスの相場は30,000円くらいだから、弁護士事務所の退職代行サービスは55,000円とお高く見えるけど、弁護士をその金額で雇えると思ったら、相当安いのもAさんは知っていたんだ。

『交渉』となると別料金が発生するが、『交渉』が成立した場合に20%なので、何ももらえないよりははるかに良い。

自分で交渉せず、第三者の専門家の力を使って、それくらいの値段でこの状況から抜け出せることがラッキーだとすら思った。

ここはケチるところではないし、なぜこんなことになってしまったのかと、Bさんを恨んでも仕方ないのだ。

それよりも今は自分の身を自分で守るべき時で、一刻も早く行動して自律神経失調症を悪化させない事。

この悪状況から抜け出すことが先決だと判断したAさんだった。

弁護士事務所の『退職代行サービス』を使おう!

『交渉』ができる退職代行サービスは弁護士のみ。

業務を怠ったと会社から逆に「損害賠償」を求められたり、最悪退職できない事も考えられる。

と思っている人には『弁護士法人みやび』がオススメ!

転職に特化した弁護士事務所だから、実績も豊富で安心なんだよ!

 

『弁護士法人みやび』の特徴
  • 利用料金は55,000円
  • 『損害賠償』『残業代』『退職金』『有給消化』の交渉が可能
  • 自分で退職を職場に伝えずに済む
  • 会社から連絡があっても『弁護士』を通してと拒否できる
  • 全国対応OK
  • 私物の引き取りなども対応OK

弁護士法人みやび公式サイト

まずは無料相談だけでもしてみたら、気持ちが少しは晴れると思う。

スポンサーリンク

まとめ

『自律神経失調症』の原因がパワハラなんて悲しすぎるよね。

もしパワハラに遭ってしまったら、ひたすら我慢して働き続けるというのは、本当に気を付けたほうがいいかもしれない!

ある日突然、体が動かなくなってしまうかも・・・。

まず、おかしいと感じたら、まずはお医者さんに相談してみよう。

そして、第三者の力を借りる「勇気の一歩」を踏み出すことも大切なんだ!

そうなった場合は一刻も早く自分の身を守るしかないから、一刻も早く行動して欲しい!

世の中に会社は無数にある。いい上司もたくさんいるよ。いい出会いがきっとあるはず。頑張れ!