【仕事辞めたい】退職届を無効として会社が受理しない場合の解決策とは

誰でも一度は考える「退職」。私の場合は毎日深夜まで残業、職場の人間環境も最悪・・・。

さらには法律どおりに1ヶ月前に会社の社長に退職を申し出たのに「この退職届は無効です」と

受理してくれなかったんだ!

それからもいろいろ調べて、どうにかして辞めるまで本当に大変だった・・・。

もしかしたら、同じように悩んでいる人がいるんじゃないかと思って、

今回は私がどうやって無事に退職できたのかを綴ってみるね。

 

スポンサーリンク

長時間労働や休日出勤当たり前の悪環境で退職を決意

業務が多すぎて追いつかず、毎日帰りが22時以降。

それだけでも追いつかず土日休みの会社なのに土曜日も出勤しないと

追いつかない。

まわりも同様の状況で職場のなかはいつも暗い雰囲気・・・。

他の人にも相談できず、いきなり給料を減らされる事態になって退職を考えたんだ。

 

入社時からイヤな予感があった職場だった

この会社で前任の方から業務を引き継ぎされていたときから、「今月で俺は辞めるけど、そのあとは

何があっても連絡してこられても出ないからね」と言われ続けたんだ。

なんでこんなに強くそんなこと言うんだろうなあと不思議に感じたし、なんか嫌な予感はしていたんだよね。

 

仕事の相談もできず給料を減らされる

自分の業務は会社で1人しかいなくて、誰にも相談出来ない状況だったんだ。

会社に担当者が一人だけなのは負担が大きいと、改善を申し出ていたものの、

なかなか改善には至らなかった。

挙句の果てに「君は業務の効率が悪いから年俸100万下げるね」と

いきなり言われたんだよ!

いきなり給料を下げられるのは法律違反のはず!なんだけどね。

そんなこともまかり通っているのがこの会社の現状だった。

 

退職届を無効にされた!

会社に状況を報告しても増員は受け付けられず、こんな職場は逃げるが勝ちと判断し退職を決断!

会社に対して退職する日の1ヶ月以上前に退職届を出して「この日に退職します」と申し出たものの

社長は「君いなくなったら誰がこの仕事やるの。無効」と言って受理してもらえなかった。

 

スポンサーリンク

メールで退職届を提出しその後出社しなかった

退職したくても会社で認めてくれない状況をどうにかしたくて、

市の労働相談センターに相談してみたんだ。

すると、「14日前までなら退職届をメールなどで送付すればそれでもOKですよ」

と言われたんだよ。

市の労働センターでアドバイスを受けた通りに、会社にはメールで退職届を送付した。

理由は一身上の都合(体調不良)にして、その後は一切出社しなかったんだ。

 

会社から何をされるか分からない恐怖との戦い

出社はしないものの、ちゃんと受理されるかと心配だった。

平気で違法な行為をする会社だから「仕事に来ない事で損失が出た」と損額賠償請求されるんじゃないかと

ハラハラした日々を過ごしていたんだ。

 

食事ものどを通らない状況だし、転職活動をしたくてもなかなかその気になれない。

誰かに本当に助けて欲しいと心から願っていたよ。

 

退職できたものの退職者には厳しい現実が・・・

結局、退職は受理されたんだけど、退職した日はこちらの指定した

『月末』ではなかったんだ。

退職日は退職届をメールで送付した日にちになっていた。

 

後で調べたら会社が支払う『給料』や『社会保険料』が安くなるからだったようだ。

それだけではなく、月の途中で退職した事は次のてんしょくさきでは心象がわるく、当然不利になる。

 

この会社に入る時に転職エージェントを使って入社した経緯があるんだ。

入社する方は無料だけど、会社は転職エージェントに対して高額の費用を支払っている。

会社の言い分としてはお金をかけて採用したのに、やめるなんて何事だ!という気持ちがあるんだろう。

 

これ以上、コストをかけたくないと会社はここまでやることに正直がっかりした。

まあ、辞める人間には冷たいくしても良いという社会的な風潮なんだろうな。

損害賠償で請求が無かっただけ、良かったと思わなければいけない。

 

スポンサーリンク

退職届を無効として会社が受理しない場合の解決策

退職届を受け付けてくれない場合で退職するには

1.メールを使って退職の14日前に退職届を送る

労働センターではこんな方法があると勧められた。

ただ、退職届に不備があるとかで会社が退職届をちゃんと受理してくれるのか不安だし、

業務に支障が出た等々で逆に『損害賠償』を請求されることになるかもしれない・・・。

 

何をされるか精神的に参ってしまいそうな時はこんな方法もあるのを知っているかな?

2.弁護士を使って退職を進める

 

弁護士を雇うなんて、大企業に勤めている役職付きや有名人以外、昔は考えられなかった。

でも今は普通の人でも弁護士を利用する時代になって来たんだ。

 

ただ、弁護士は見つけるのが大変だし、

費用もいくらかかるのかわからないところが怖くてなかなか決断できないのが現状だ。

そこで、安価で弁護士を利用できるこんな専門サービスがあるのをご存じだろうか?

 

▼弁護士の退職代行サービスを推奨する理由▼

 

  • 退職手続きを弁護士が行ってくれる
  • 自分で退職を職場に伝えずに済む
  • 今日で退職しますもOK
  • 退職の事を考えずに転職準備や体調を整える時間がとれる
  • もし、会社から損害賠償の請求をされても対応できる

 

まずは相談だけでもぜひしてみて欲しい!

弁護士退職代行 公式サイト

 

きっと、いいアドバイスがもらえると思うんだ!

 

スポンサーリンク

まとめ

中小企業で、社長の権限が強すぎるブラック企業だと、退職したくてもできないってよくあるのかもしれない。

でも、ガマンし続けて本当に体がおかしくなってからでは遅いんだ。

本当にヤバイところからは「逃げるが勝ち」だよ!

まだまだ人生は長いんだから、楽しく過ごさなきゃ損だよね。頑張れ!!