【仕事辞めたい】ブラック会社を辞めたい!体調不良もある場合の解決策とは?

休日が極端に少なかったり、長時間の労働だったりとブラックな環境で過酷な労働条件の元

働いている人ってまだまだたくさんいるんだよね。

ムリをしすぎて体を壊したり、病気になってしまったり。

退職したいけど退職するにもどうすれば良いのかわからない。

今回はブラック会社で働いていた場合の退職方法についてまとめてみたよ!

スポンサーリンク

ブラック会社勤務で体調不良に

長時間労働でほとんど休みなく、給料も取れない会社での勤務は「何のために働いているのか」

こうなるとわからなくなる。

助けてくれる人もいないし、自分の仕事を放り出して辞めてしまうような事はしたくないと思いつつも

体が付いていけなくなって、とうとう退職を考えるようになったんだ。

 

ブラック会社での勤務は超激務だった!

休日は週1回取れれば良い方で、勤務時間は朝の7時から22時。

昼休みはほとんど取れずちょっと空いた時間にコンビニの

サンドウィッチやおにぎりが食べれればいい方。

次から次へと舞い込む仕事をただこなしているだけの

日々・・・。

機械のように働き、限界が来るまで同じことを繰り返すだけの作業だった。

こんな労働条件が過酷なブラック会社に勤務では精神的に限界点に達してしまった。

 

ブラック会社勤務でとうとう病気に・・・

何となく体の異変を感じながらも病院になんていける時間は

ほとんどない状態の中、ついに体が悲鳴を上げてしまった。

右手がちょっとしびれている状態が続いていたが、

ついには持っているものを頻繁に落としたり、

物を持てない状況にまでなってしまった。

こうなると精神的な病気かもしれないと怖くなる・・・。

一刻も早く病院に行きたいのだが、それすらも許されない状況。

こうした環境を脱するために「退職」を考えたが、

今まで教えてくれていた上司や先輩を裏切るようで、

今度は心が痛い・・・。一番良い方法はどうすればよいのだろう・・・。

 

スポンサーリンク

ブラック会社を辞める方法とは?

性格上どうしても相手を不愉快にさせたくないという気持ちがある中『退職』をうまくに伝えるには

どうしたら良いのだろうか?

 

ブラック会社は「労働基準監督署」へ相談

会社は雇用した人を簡単にやめさせることはできない仕組みになっている。

労働時間が異常に長かったり、昼休みもろくに取れないようなブラック会社の場合は『労働基準法違反』

となる可能性が高い。

 

労働基準監督署とは厚生労働省が管轄する国の機関だ。

企業が『労働基準法』や『労働安全衛生法』『最低賃金法』に基づいて、

雇用している人を健全な環境で働かせているかを監督するのが仕事。

『労働基準監督署』は全国にあって、地域の企業を監督しているんだ。

雇用されている立場からいうと、

  • 不当な解雇をされたり
  • 残業代を払わなかったり
  • ハラスメントが横行していたり

こんな場合は『労働基準監督署』に相談ができる。

 

『労働基準監督署』の介入によって、企業が雇用体制を改善する場合もあるんだ。

ただ、企業の雇用体制が改善したからと言っても、体の調子は良くなる保証はない。

やはり何とか退職の方向でを考えたい場合はどうすれば良いだろうか・・・。

 

ブラック会社を退職するには診断書を提出したほうが良い?

『診断書』を提出して体の不調があるから辞めたいと申し出た場合は

効果的なのだろうか?

体調不良になったとしても、会社側は配置転換や別の業務をさせる等

対応を考えるのが通常だ。

ただブラック企業の場合はもっと過酷な環境になる可能性も

十分にありうるから怖い。診断書を切り札に退職という方法は言い換えると

「体に不調が出るまで働かせたので辞めます」と言っているようなものだ。

いずれにせよ、退職によって相手を不快な気持ちにさせてしまうだろう。

この場合、筋としては「体がもたないので辞めます」と打ち明けた上で、体の不調を訴えるのが先。

診断書を退職の『切り札』として使うなら、後での提出でも良いと思う。

 

スポンサーリンク

ブラック会社を退職する解決策は

ブラック会社で働いたことで体を壊し、退職をするにはこんな解決策がある。

 

1.労働基準監督署に相談

 

2.順番としては「退職の意志をまず伝える」こと

 

体調も悪いし、何をされるか精神的に参ってしまいそうな時はこんな方法もあるのを知っているかな?

3.弁護士を使って退職を進める

弁護士を雇うなんて、大企業に勤めている役職付きや有名人以外、昔は考えられなかった。

でも今は普通の人でも弁護士を利用する時代になって来たんだ。

 

ただ、弁護士は見つけるのが大変だし、

費用もいくらかかるのかわからないところが怖くてなかなか決断できないのが現状だ。

そこで、安価で弁護士を利用できるこんな専門サービスがあるのをご存じだろうか?

 

▼弁護士の退職代行サービスを推奨する理由▼

 

  • 退職手続きを弁護士が行ってくれる
  • 自分で退職を職場に伝えずに済む
  • 今日で退職しますもOK
  • 退職の事を考えずに転職準備や体調を整える時間がとれる
  • もし、会社から損害賠償の請求をされても対応できる

 

まずは相談だけでもぜひしてみて欲しい!

弁護士退職代行 公式サイト

 

きっと、いいアドバイスがもらえると思うんだ!

 

スポンサーリンク

まとめ

『退職』を決意したなら、相手には多少なりとも不快感を与えてしまうものだと理解したほうが良い。

順番を間違えるとかえってこじれたり、ましてブラック会社に勤めているなら、有利に退職したい。

今は『弁護士』の力を借りるという方法もあるんだ!

こうした力が世の中のブラック企業の抑止になればいいと思う。

まだまだ人生これからだぞ!楽しく生きよう!頑張れ!!