【楽天】星野仙一監督は愛妻家で家族の絆も強かった!複雑な生い立ちや想いとは

楽天を震災から二年で日本一に導いた名将、星野仙一元監督。

野球に関するエピソードのインパクトが強すぎて、そう言えばプライベートなことはあまり知られていないよね。

今回は星野仙一監督の生い立ちや妻、家族に関する知られざるプライベート情報を集めてみたよ。

 

 

 

 

スポンサーリンク

星野仙一監督の妻はどんな人?

星野仙一元監督の奥様は扶沙子さんとおっしゃる方で、とても清楚でかわいらしい方だったんだとか。

監督を慕う記者さんたちからも好かれていた扶沙子さん。

どんな風に出会って結ばれたんだろう?気になるよね。

勝負師としてこわーい顔をしている星野元監督からは正直、想像できない!(笑)

なれそめやプロポーズなどを調べてみたよ!

 

星野仙一監督の『強気のプロポーズの言葉』に圧倒される

女性にモテることでも有名だった星野氏。どんなプロポーズをしたのか気になるよね。

奥さんである扶沙子さんへのプロポーズはプロ入りしたとき。

「もう決めた。お前に決めたから。」とプロポーズしたんだって。

 

▼新婚ほやほや時の星野仙一監督と扶沙子さん

 

昨今の草食男子では絶対できない言葉のチョイス、もう圧倒されちゃうよね。

さすが昭和の頼りがいのある男は違う!

一方、扶沙子さんは黙ってうなずいたんだって。

 

星野仙一監督の妻との絆

1991年に突然、星野仙一監督は「健康上の理由」で、中日ドラゴンズの監督を辞任したんだ。

後から明らかになったんだけど、監督辞任は、奥さんの扶沙子さんが白血病になったからだった。

自分じゃなくて、奥さんの健康上の理由だったんだね。

 

その時、星野仙一監督は奥さんの病気を献身的に支えて、一生懸命に看病していたんだ。

選手の奥さんや家族への心遣いを忘れないことで有名な星野仙一監督。

その原点には最愛の奥さんへの想いが影響しているんじゃないかな。

 

▼中日ドラゴンズ監督時代の星野仙一監督

やっぱりこの時から物申していたんだね(笑)

 

奥さんの扶沙子さんの病状が一時的に回復した時に「やっぱりあなたのユニホーム姿が一番好きだわ。」

と言われたのをきっかけに、1995年にはふたたび中日ドラゴンズの監督に就任したんだ。

 

残念なことに奥さんは帰らぬ人となってしまったけど、1999年には中日ドラゴンズを『優勝』に導くんだ。

固い絆で支えあった夫婦だったんだね。本当に素敵!

 

スポンサーリンク

星野仙一監督の家族は?

星野元監督は野球人としていろいろな発言が注目を集めていたよね。

その一方、自分の子供に関するプライベートなことはあまり語らない人だったんだ。

お子さんはいたのかな?家族観はどうやって培われたんだろう?

生い立ちや家族についても調べてみたよ。

 

星野仙一監督の生い立ち

星野仙一監督のご両親は実は事実婚だったことが知られているんだ。

事実婚だったのはそれぞれが跡継ぎの立場だったからだそうなんだ。

星野仙一監督のお父さんは『正田』で、お母さんが『星野』。星野仙一監督にはお姉さんが二人いるんだけど、

お姉さん達とは名字が異なるんだよね。

 

▼学生時代の星野仙一監督

 

 

今では徐々に増えつつある事実婚だけど昔は珍しいことだし、思う部分もあったんじゃないかな。

星野仙一監督は生まれる前にお父さんが亡くなっているから、幼い頃の星野仙一監督はお母さんが

女手一つで育て上げてくれたんだ。

 

お母さんの想いとして、これからは大学を出た人間じゃないとだめだという思いがあったようで、

その意思をうけて明治大学に入学し、ドラフトで指名されるところまで成長!

やっぱりすごい人だったんだよね。

 

星野仙一監督の娘

星野仙一監督のお子さんは女の子2人で、千華さん・和華さんとおっしゃるんだって。

星野元監督の次女である和華さんは星野性を守るという旦那さん側の意向もあり、婿養子をとっているんだ。

三重県の永井病院に嫁いでいて、監督が死去する少し前に体調を崩した際はその病院に入院したんだよ。

娘たちに最期を看取られ、この世を旅立ったんだ・・・。

きっと幸せな人生の終わり方だったろうな。

 

ちなみに和華さんには息子さんがいらっしゃるみたいで、仙太君とおっしゃるんだとか。

愛情深い星野元監督だから、きっと目に入れても痛くない、かわいい孫だったんじゃないかな。

 

星野仙一監督から家族へ受け継がれた想いとは

2019年7月7日の日ハム戦に星野元監督の家族が東北の少年野球チームを招待するというニュースが

あったよね。

色紙を頼まれるといつも“夢”と書いていた星野元監督。

子供たちみんなが野球をできる大切さを常に口にしていた監督の意思を、家族が受け継いで実現した

イベントだったんだ。

 

▼2019年7月7日に球場へ招待された少年たち

 

出場する選手たちも、いつもより一層の気合が入ったんじゃないかな。

星野仙一監督の背番号にちなんで77人の野球少年たちが招待されたんだ。

みんな星野仙一監督の家族からもらったエールをしっかり受け取った様子だったよね!

 

星野仙一監督が亡くなっても、『子供たちの野球に対する情熱を大切にする』そんな意志を継いで、

実行する家族の姿が本当に感動的だったよ!

 

スポンサーリンク

まとめ~っ

周囲の人への愛情と気配りを常に忘れなかったという星野元監督。

プライベートでは常に献身的に尽くし支えてくれた奥さんと、明日への活力になっていただろう

二人の娘さんがいたんだね。

選手の家族まで大切にしていた星野元監督の想いの源はきっと、自身の家族への感謝だったんじゃないかな。

きっと今頃奥さんと天国で楽天の試合をゆっくりと観戦している気がするんだ。

私たちも星野監督に負けない、熱いアツい声援で楽天の勝利を呼び込もう!

わしほーーー!!