【集中豪雨】大雨や台風被害で保険は出る?今すぐ確認したい2つのポイントとは?

大雨や集中豪雨、台風の影響で河川が氾濫したり、土砂崩れ、洪水、高波・・・。

最近、自然災害のニュースが多くなったと思っている人は多いと思うんだ。

2018年9月に日本に上陸した台風21号は過去最強クラスと言われて大きな被害をもたらした。

保険会社全体での支払額はなんと21兆円だったんだって!

あんまり考えたくないけど、もし自分の車が水没したり、家が流されたり、家の中まで水が入ってきたら

今の保険で大丈夫なの?今回は保険のチェックポイントをまとめてみたよ!

 

 

 

スポンサーリンク

【集中豪雨・大雨・台風被害】家の保険のチェックポイント

家を買った時や借りた時、家の保険に加入するよね。

家を買った人と、借りている人では家の保険でも内容がちがうんだ。

それぞれのチェックポイントを知っておきたいよね!

 

持ち家の人は火災保険の「水災保険」が適応される

住宅ローンを組む時はほとんどの金融機関で、家の保険加入を

義務づけている。これは「火災保険」という名称だよね。

この名前から家が家事になった時の保険と思っている人もいるけど、「水災」までカバーしてあれば、

台風や豪雨による洪水、高波、土砂崩れで家が被害を受けた場合にも適用されるんだ。

 

家を買った人は「水災」の保障が付いているかチェック!
台風や集中豪雨の心配は、海や川のそばでなくてもほぼすべての地域で危険があるから、
しっかり確認しておきたいよね!

台風で持ち家のガラスが割れてしまった場合は火災保険の「風災」が適用される

台風で物が飛んできて窓ガラスが割れてしまったり、屋根瓦が割れてしまった場合は『台風による災害』

なので「風災」部分の保障が適用される可能性が高い。

 

台風で窓ガラスや屋根瓦が割れてしまったり、割れたところから水が入り込んだ場合は「風災」の保障が付いているかチェック!

 

保険の適用になるために証拠として、ガラスや屋根瓦が割れてしまった様子。

割れたところから雨水が入り込んでしまった時の部屋の様子などの写真や動画を撮っておくといいよ。

 

家を借りている人は「家財保険」が適応される

家を借りている人は持ち家の人の家の保険と考え方が根本的に違う。

賃貸の保険は「持ち主に現状維持で返すことを前提とした保険」

これは借りている人が家事や爆発を起こしてしまった時、

家を現状維持で返すための費用を保険で賄うという考え方なんだ。

 

家を借りている人は保険は賃貸用の火災保険に加入している人は多いと思うんだ。

 

家を借りている人は「家財」の保障がついているかチェック!

 

家を借りている人の持ち物が水害、水漏れ、火事や雷でダメになった時は「家財部分の保障」が適応される。

この保証がしっかりついているか確認したい。

 

スポンサーリンク

【大雨、台風被害】車の保険のチェックポイント

自分の大切な車が大雨や洪水などで水に漬かってしまうなんて、

考えたくもないけれど、こうした映像は

ニュースでも時々見かけるよね?

こうなってしまった時のために車の保険に「車両」のカバーが付いているかを今すぐチェックだ!

 

自動車の水災をカバーするには「自動車保険の車両保険」がついているかチェック!

 

車の保険は事故の時ばかりではなく、こうした水災の場合にも使えるんだよ!

事故を起こさない運転に自信がある人は車両保険を付けると保険料が高くなるから、自動車保険に「車両」を

つけない人がいるんだよね。車の運転が上手な人は車好きの人が多い。

どんなに運転が上手でも集中豪雨や台風なんかは避けられないので、車の運転が上手な人ほど「車両」は

きちっと持ちたい保証なんだよね。

 

自動車保険の等級ダウンは?

自動車保険を使うとき、気になるのは等級ダウンだよね。

保険を使った場合、次の更新時の保険料は上がるからあんまり使いたくない人もいるよね。

 

水災の場合は自動車保険の等級ダウンは1等級だけ

 

自動車事故の場合は軽いものは1等級ダウンだけど、大体の場合は3等級ダウンが多いよね。

台風や洪水の事故で車両保険を使うと等級は下がる。でも1等級だけなんだよ!

スポンサーリンク

まとめ~っ

地球温暖化の影響で今後も台風や集中豪雨が頻発することが予想されているよね・・・。

あんまり考えたくはない事なんだけど、もしもの事が起こってからでは遅すぎる!

こうした部分はチェックしておきたいよね!