小芝風花はスケートインストラクターを目指していた!演技派と評される理由も

『演技派』だって評判も高い小芝風花さんはスケート選手だったんだ!!

イオンのCMでデビューした小芝風花さん。

最近ではディズニー映画「くるみ割り人形と秘密の王国」の主人公クララの吹き替えや、

NHKのドラマ10「トクサツガガガ」でも主演を務めるなど女優として大活躍しているよ!

小学生時代の小芝風花さんはフィギュアスケートの選手だったんだって!

 

スポンサーリンク

小芝風花のサクッとプロフィール

 

 

  • 本名:小芝 風花
  • 生年月日:1997年4月16日
  • 出生地:大阪府堺市
  • 身長:157 cm
  • 血液型:A型
  • 活動期間:2011年~
  • 所属事務所:オスカープロモーション

 

小芝風花の主な出演作品

 

  • 2011年 CM イオン「G.G(グランド・ジェネレーション)」
  • 2014年 映画「魔女の宅急便」主演:キキ役
  • 2014年 TVドラマ「GTO」成瀬つぐみ 役
  • 2016年 NHK連続テレビ小説「あさが来た」白岡千代 役
  • 2017年 映画「天使のいる図書館」主演:吉井さくら 役
  • 2018年 映画「くるみ割り人形と秘密の王国」(吹き替え)主人公・クララ 役
  • 2019年 TVドラマ「トクサツガガガ」主演:仲村叶 役

 

スポンサーリンク

小芝風花のスケート選手時代

小芝風花さんは小学3年生から中学2年生までフィギュアスケートをやっていたんだって!

その頃の小芝風花さんはまだ暗い明け方からスケートの練習に行ってその後学校で勉強。

友達と遊ぶ時間もなくフィギュアスケートにのめり込んでいたそうだよ。

当時は大学までフィギュアスケート選手として活躍。その後はアイスショーに出演。

ゴールはフィギュアスケートのインストラクターになるって。

こんな夢を描いていたんだね。

 

スポンサーリンク

小芝風花は手術を乗り越えフィギュアスケートの技を磨く

フィギュアスケートのジャンプ練習をしすぎたのか、小芝風花さんは両足にオスグッド・シュラッター症候群

(膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎)を発病。

手術を2回も経験しているんだよ。

 

その後ケガを乗り越えて、フィギュアスケートのジャンプ技である「トリプルトウループ」や

「ダブルアクセル」もできるようになったんだ!

2011年10月第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会ではみごとに優勝を勝ち取っているんだ!

 

 

ここあ
ここあ

頑張り屋さんなんだよね~!!

 

芸能界入りは『イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011』

まさか選ばれる事は無いよねって軽い気持ちで応募したのがきっかけなんだって。

 

2011年11月には全国大会でグランプリに選ばれて2012年の春にはイオンのCMデビューとなったんだよ!

2011年の秋はスケートで優勝とCMデビューも決まった年。

小芝風花さんにとっては忘れられない出来事が重なった時期だったんだね!

当時は「スケートと芸能活動の両立」を考えていたんだって!

 

ここあ
ここあ

なんて頑張る子なんだ!!

 

でも、フィギュアスケート選手には練習量が必要だし、

オーディションは35000人の全国応募の中から選ばれたという重圧があり、

悩んだ結果、スケートは辞めることにしたんだって。

 

スポンサーリンク

小芝風花のスケートが観れる作品

ここまでわかると小芝風花さんのスケートが見たくなっちゃうよね?!

2013年12月に放映されたテレビ愛知開局30周年記念作品。

『スケート靴の約束』で小芝風花さんのフィギュアスケートが観れるんだよ!

 

この撮影は小芝風花さんがフィギュアスケートを辞めてから2年もブランクがあったんだけど、

2週間でその感を取り戻して「トリプルトゥ」が飛べるまでになったんだって!

 

ここあ
ここあ

ホントに頑張り屋さんだよね!!

スポンサーリンク

小芝風花さんは役作りにもその根性を発揮

2014年には映画『魔女の宅急便』で主演のキキ役に抜擢されるんだよ!

この時のオーディションでは

「10mの高さに吊るされても屈託なく無邪気な会話ができた」のが決め手となって

500人以上の応募の中から選ばれたんだ!

 

ここでもフィギュアスケートで鍛えられた身体能力と度胸で主役を見事勝ち取ったんだね!

ほうきに自然に乗れるように木刀で毎日素振りをして筋力をつける努力もしたんだって。

実際の撮影は20mもの高さで行われるワイヤーアクション。

当時かけられた保険はなんと1億円だとか!!

高いところも怖がらず体力が問われるこの役は小芝風花さんだから実現したんだよね!

 

スポンサーリンク

小芝風花さんは演技派と言われるまでに成長

連続テレビ小説『朝が来た』では本当はヒロイン役として実は最後まで残っていたんだって!

でも小芝風花さんは年齢が若かったので、ヒロインの娘役になったんだ。

 

共演者の友近さんは「小芝風花さんは演技派で、30年前の大女優を見ているようだ」と絶賛したんだよ。

他のドラマの共演者からも「物事を吸収するスピードはスポンジのように速く、周りを巻き込むパワーと

明るいムードメーカー」だと小芝風花さんの評価は高いんだあ!

 

これもフィギュアスケート時代に培った底力を武器に着実に実力をつけて来たからなのかもね!

 

スポンサーリンク

まとめ~っ

小芝風花さんの名前は松山千春さんの曲「大空と大地の中で」から命名されたんだって。

 

生きることがつらいとか 苦しいだとかいう前に
野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ

 

この歌詞の通り、風花さんの名前は「逆風にさらされてもしっかり花を咲かせて欲しい」って

お母さんの願いなんだとか!素敵だね!

 

ここあ
ここあ

いつも笑顔を絶やさない小芝風花さん。
これからの活躍も応援しています!