避難勧告と避難命令等の違いをわかりやすく!罰則は?知っておきたい避難情報まとめ

避難勧告が出たときはどうすれば良いの?

最近、豪雨や地震、火山噴火などの災害が頻繁に発生して気になるよね?

ところで、避難勧告とか避難命令とかいろいろ聞くけど、その違いってどんな感じなんだろう?

もし従わなかったらどうなるの?そんなところをわかりやすくまとめてみたよ!

 

 

スポンサーリンク

避難情報にはレベルがある!

まず、知っておきたいのは避難情報には

5段階のレベルがある事。

1が最も軽く、

2はもしかしたら避難?と警戒するレベル。

3は高齢者や障碍者、乳幼児と

その介助者は避難するレベルだ。

4は全員避難!これが避難勧告だ!

5はすでに災害が発生している状況なんだ!

避難レベルに基づいて、「避難勧告」や

「避難命令」「避難指示」って名称で呼びかけがあるんだね。

 

政府が発表している避難行動の原則にはこうある。

居住者等は、自然災害に対して行政に依存し過ぎることなく、「自らの命は自らが守る」という意識を持ち、自らの判断で避難行動をとることが原則である。

自分の身は自分で守るという意識が前提なんだね。

 

【避難情報】警戒レベル1

避難情報は気象庁から発表される「警報」が警戒レベル1。

大雨や大雪、強風、高波や洪水などの「警報」はTVのニュースなどで

聞いたことがあると思うんだ。

もしかしたら避難をする事態になる可能性もあるなと思って意識する。

早めの行動するのが重要だね。

インターネットやテレビなどで最新の情報を確認したり、

出かけるときは服装に気を付けたり、早めに帰宅したりと注意して行動するレベルだね。

 

【避難情報】警戒レベル2 高齢者や障害者、乳児は避難準備!

気象庁から発表される「注意報」が警戒レベル2。

「警報」が今後「注意報」になったら、

もしかしたら避難する事になるかもしれないなと思って

警戒するレベルだ。

 

家族に高齢者や障害者、乳児がいる場合は次のレベルで「避難」となるので

ここで準備ができているかチェックだね。

もし、家族が外出している場合は交通機関の遅れや道路が通れなくなる恐れも考えられるので

早めの帰宅を促したいよね。

 

【避難情報】警戒レベル3 全員避難になる可能性がある!避難準備だ!

高齢者、障害者やその支援者は避難するレベルだ。

このレベルになると市や町から発令が出る。

インターネットのサイトでも確認が可能だが、

アクセスが集中して繋がらない場合がある。

その場合はSNSも試したい。ツイッターなどを利用すると便利。

その他の人は次のレベルで「避難」となるのでここで準備したい。

 

TVニュースやインターネットでの最新情報に気を付ける事はもちろん。

最新情報をGETするために携帯の充電は大丈夫か確認したり、切れそうな場合は充電をしておきたいね。

遠くに住む家族、会社や学校への連絡が必要な場合はここで対応したいね。

 

【避難情報】警戒レベル4が避難勧告、避難指示(緊急)全員避難!

避難勧告は全員避難!

「避難勧告」は原則市町村長の判断で行われる。

「避難指示」は行政が避難を呼びかける指示なんだ。

避難勧告、避難指示の順で危険度が高まるんだね。

 

このレベルになると災害が発生する恐れが極めて高い状態と判断されていると考えていいね。

命を守るために地域の避難所へ向かおう!

慌ててケガなどをしないように注意しながら安全な場所に移動しよう。

 

日本の気象状況を考えると、同じ地域でも年に複数回「レベル4相当」の気象状況となることが考えられます。実際に、少しでも災害の危険性がある場合には市町村からレベル4が発令されるため、毎回災害に結びつくとは限らず「空振り」となってしまうことが多くなります。この繰り返しにより、レベル4で避難をして無駄だったと考えてしまうようになると、実際にレベル5になるような気象状況の時に逃げ遅れることが懸念されます。レベル4で避難をして何事もなかったとしても、何事もなくて良かったと考え、次回以降も心構えを変えないことが大切です。

ウェザーニュース

 

【避難情報】警戒レベル5

これはもう災害が起こっている状態。

普段は全く経験しない事態だから想像もできないが、

こういう場合は「何よりも命が大事!!」と覚えておこう!

そして命を守るために最善の行動を取ろう!こうなる前に避難したいよね!

 

避難情報の確認方法は?

日ごろから避難情報の確認をする。そんな癖をつけておいた方が良いよね!

TVではニュース番組や番組の途中でも速報でお知らせが入る場合がある。

インターネットのニュースサイトや地域の緊急速報メール。ツイッター等からも情報を入手できる。

離れて暮らす家族の地域の情報なんかもチェックしておきたいよね!

 

警戒情報をGETする手段
  • TV 放送(ケーブルテレビを含む)
  • ラジオ放送(コミュニティ FM を含む)
  • 市町村防災行政無線(同報系)(屋外拡声子局、戸別受信機)
  • IP 告知システム緊急速報メール
  • ツイッター等の SNS(Social Networking Service)
  • 広報車、消防団による広報
  • 電話、FAX、登録制メール
  • 消防団、警察、自主防災組織、近隣の居住者等による直接的な声かけ

 

高齢者などは情報が入りずらい場合があるから、近所にお年寄りがいる人は普段から声をかけてあげたいね。

 

スポンサーリンク

避難はどこに行けばいいの?

避難をするには地域ごとに避難所が決められているんだ。

知らない場合はもしものためにチェックはしておきたいよね。

 

避難所への確認方法は?

避難所は住まい地域の学校や公民館などが多い。

地域ごとに違うのでもし住んでいる場所の避難所を知らない人は

今すぐ確認が必要だよ!!

 

市役所や区役所などでも教えてくれる。

地域によっては地図も準備していたり、避難カードがある。

ケガなどをして救急で運ばれても自分の事が分かるようにパーソナルカードを作っておくのもいいね。

 

あらかじめ、避難所までのルートもいくつか確認しておきたいね。

避難所までに危険な道は無いか、倒壊しそうなビルのそばを通るのは危険だし、

道路が通れなくなってしまうような道は避けたいよね。

 

こうした事態を想像しながら安全なルートを1つではなく、いくつか知っておきたい。

散歩がてらに一度ルートを確かめておくのもいいね。

 

スポンサーリンク

避難にもし従わなかったらどうなるの?

避難は「自らの命は自らが守る」という考え方が前提にあるから、

強制ではないんだよね。だから、罰則はないんだ。

でも、命の危険が迫っているメッセージである事は

忘れてはいけないね。

 

誰かに罰則を与えられることはないけど、

避難しない事で自分の命を危険にさらすことになるかもしれない

ってことだね。

 

うちの家はとても丈夫だから避難する必要はないと思う人もいれば、

お年寄りや障害者、病気を抱えている人や小さな子どもがいる家庭などは早めに避難をしたいと

思う人もいるよね。

こうした判断は誰かが強制的にこうしなさい!というものではなく、あくまでも「自己責任」となる。

避難情報が出たらどうするか。一度は家族と話をしておきたいよね!

 

スポンサーリンク

まとめ~っ

避難勧告や避難命令って最近よく聞く言葉だけど、警戒レベルに基づいて発令されるんだね。

地球温暖化の影響で気候も変化しているから、自然災害についても今までとは違う意識が必要なんだね。

備えあれば憂いなし!今すぐ自分の身を守るための対策をしておこう!