阪神の木浪聖也選手の姉と母が美人すぎ!高校から社会人時代までの経歴も

阪神の木浪選手は2018年のドラフト三位で阪神に入団した。

新人ながらオープン戦最多安打を記録し、その後もレギュラーとしてスタメンで出場することが多い。

初ホームランはあの巨人の菅野選手から打つなど非凡な才能を見せている。

そんな木浪選手の才能はどこから来るのか?

ファン目線で見ても、家族や周りの人の支えと木浪選手の努力で、その才能を開花させたんだと思うんだ。

 

スポンサーリンク

阪神の木浪聖也選手の姉と母親は美人!?祖母とのエピソードも

木浪選手のお姉さんや家族を見ると、温かい家族愛に包まれて育ったことが分かるんだ。

 

阪神の木浪聖也選手のお姉さんが美人すぎる!

木浪選手のお姉さんが美人で話題になったことがある。

 

 

木浪選手とも目元や輪郭が似ている美人さんだね。

大学時代にも試合を見に行って応援してくれていたみたいで兄弟の仲がいいみたいなのだ。

今後も木浪選手が活躍していけば球場でお姉さんを見かけることもあるかもしれないな。

 

阪神の木浪聖也選手の母親も美人!

なんと木浪選手のお姉さんだけでなく母親も美人さんなのだ。

美人のお姉さんとやはり顔似ているんだよね。

母親と思えないほど若く見えて、お姉さんと言ってもおかしくないくらいだよ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

⚾️🙋🏻‍♂️💕🙋🏻‍♂️⚾️ 、 都市対抗野球大会 聖也お疲れ様でした! 、 今日は負けちゃったけど、 いい試合見せてくれてありがとう😢💕 、 社会人1年目だし、まだまだ伸び代たっぷりなはず!!これからの活躍に期待します🌟🌟 、 パパママも、車で短期間に2往復お疲れ様でした! 事故なく帰ってね😌💛 パパママに会えるのも、聖也の野球のおかげ! 今度はたくまも来れればいいな😎⚾️ 、 木浪応援団の皆さんもお疲れ様でした! また集まりましょう♡ 、 #都市対抗野球#東京ドーム#木浪応援団#HONDA#社会人野球#木浪#木浪聖也#弟#背番号0

Shiho Kinamiさん(@kinami__nu)がシェアした投稿 –

 

2019年のゴールデンウイークには、

1週間も試合を甲子園まで見に行くほど木浪選手のことを応援してくれたんだ。

実家の青森から関西まで来るわけだから移動だけでも大変だったと思う。

一年目にもかかわらず木浪選手が活躍しているのはこうした家族の応援、支えがあってこそなのかもしれないね。

 

阪神の木浪選手の少年時代を支えた祖母

木浪選手の少年野球時代は祖母の支えが大きかった。

実家は共働きだったため、少年野球に連れていくのは祖母であったし、その他も祖母が付きっきりだった。

高校時代は実家を離れてしまったのだけど、祖母は車でわざわざ試合を見にいくほど溺愛していたのだ。

そんな祖母も木浪選手が大学生の時に他界してしまうのだが、

「孫は絶対にプロ野球選手になるから」と周囲に語っていたんだそうだ。

木浪選手はその祖母の言葉があったから、将来は必ずプロ野球選手になって活躍する!と

決意したのかもしれないな。

 

スポンサーリンク

阪神の木浪選手の経歴 ~高校から社会人まで~

一年目から活躍している木浪選手だが、プロ入り前に置かれた環境や周囲のメンバー等を見ていくと

その活躍の理由がわかるはずだ。

 

阪神の木浪選手は名門青森山田高等学校ではあの選手と同級?

高校は名門の青森山田高等学校へ進学し、1年からベンチ入りする活躍を見せる。

1学年上にヤクルト山崎晃大朗、同学年に中日京田陽太、1学年下にオリックス西村凌がいるんだ。

レベルの高いメンバーの中で刺激を受けながらレギュラーを勝ち取ったことがわかるね。

ドラフトで阪神入りが決まった際には、京田選手からLINEで「おめでとう」と連絡をもらい

今でも交流は続いている。

 

木浪選手自身「京田ができるなら、自分もできるって思ってやってきた」と

ライバル心を剥き出しに語っているんだ。

両選手ともお互いに切磋琢磨しつつ球界を代表するショートに成長してほしいものだね。

 

阪神の木浪選手は「地獄」とも言われる亜細亜大学野球部へ進学

木浪選手が進学したのは亜細亜大学野球部なのだが、ここは軍隊さながらの厳しさで有名なんだ!

あの阪神OBの赤星も「何億円積まれても大学時代には戻りたくない」と語るほど。

木浪選手はどちらかというと優しい顔つきだが、プロ入り前はとても過酷な環境に身を置いてきたわけだね。

ちょっと殺気めいたものを感じるほどきびし~~い野球部だったんだ。

 

木浪選手がプロ入り間もないのに、プレッシャーに負けず頑張っていられるのは

大学時代が影響しているのかもしれないな。

 

阪神の木浪選手が野球選手として可能性を広げた社会人時代

大学卒業後はプロ入りせずHondaにて社会人野球をすることになる。

一年目からレギュラーではあったものの、決して順調とは言えなかった。

守備力は問題なかったが、打撃力は物足りなかったので改善を求められたのだ。

 

そこで、その昔日本代表で4番を任され、

「ミスター社会人」とも評された西郷泰之コーチが打撃指導を行ったんだ。

打撃指導は実を結び、高校、大学時代の本塁打は0だったにもかかわらず、

社会人の2年間で練習試合を含めるとホームランは13本にも達したのさ。

 

大学卒業後すぐプロ入りしていたら、打撃は開花しないまま結果を残せず、

そのまま引退していたかもしれないよね。

 

そういう意味では、遠回りだが社会人野球を経験し、指導者に恵まれて

自分の可能性を広げることができたと言えるね。

 

スポンサーリンク

阪神の木浪選手の現在とこれからの期待

2019年シーズンが始まってから一時不振の時もあったが、木浪選手はコンスタントに試合へ出場している。

打率も2割以上をキープ(2019年6月時点)しているし、打点もしっかりあげている。

しかし、ショート争いは熾烈で、これまた若手有望の北條選手、ベテラン鳥谷選手がいる。

ショートというポジションにあって重要視される守備力についてもエラー数が多く、

ファンからは厳しい声が上がることもしばしばだ。

 

ただ木浪選手が守備と打撃のセンスがあることは間違いないし、まだまだ伸びしろがあると思う。

同じ若手の北條選手とはお互いに切磋琢磨して競争してほしいし、鳥谷選手からはいろいろ勉強してほしい。

今後誰が不動のショートとなるかはわからないが、木浪選手も北條選手も阪神の柱となってほしいね。

 

スポンサーリンク

まとめ~っ

木浪選手は周囲の支えに応えようと真摯に努力してきたし、厳しい野球環境に耐えてきたナイスガイなのだ!

成長株なのは間違いないから今後阪神にとって必要不可欠の存在になるだろうね。

新人だからいろいろ失敗もするだろうけどファンとして応援していこう!