江の島の日帰り穴場スポットは?絶景や温泉!海が見えるレストランも

休みの日に日帰りで遊びに行けて、観光気分を味わえる穴場ってないのかな?

休み明けからは、また仕事や学校があるからあんまり遠いのは困るよね。

かといって、せっかくお出かけするならやっぱり景色は良くなくっちゃね!

都心からも近くて、それでいて景色が良くて美味しいものが食べられる場所・・・

そんな江の島の穴場のスポットを探してみたよー☆

 

スポンサーリンク

江の島の日帰り穴場スポット「稚児ケ淵」(ちごがふち)

海が見れる穴場ならココ!!

稚児が淵は江の島の奥にある海底が隆起してできた岩場なんだよ。

 

 

海との距離が近いからすぐ目の前に波が押し寄せてきてすごい迫力なんだよね。

広がる大海原の景色を見ているだけで日頃のストレスが解消されるよ!

知る人ぞ知る穴場スポットだよ♪

 

【江の島日帰り穴場】「稚児ケ淵」は大自然を感じる穴場!

稚児ケ淵は隆起現象によって海底が海面に現れた海蝕台地なんだ。

砕ける波や目の前の広がる大海原や夕日!

とても雄大な景色を味わえる穴場スポットなんだよね。

 

【江の島日帰り穴場】「稚児ケ淵」はかながわ景勝50選にも指定された

稚児ケ淵へと続く階段を降りていくと目の前にはすごく雄大な海と波の景色が広がっているんだよ。

すぐ近くまで海面が迫っていて目の前で砕ける波は迫力満点なんだ!

遮るものが何もなく大きく広がる夕日はとても綺麗だからデートコースとしてもピッタリのスポットだよ。

「かながわ景勝50選」にも指定されている美しさ!是非一度遊びに行きたいよね♪

海に近いところだから荒波や大潮の時には近づけないよ!出かける日程には注意してね。

 

【江の島日帰り穴場】「稚児ケ淵」には乗り合い遊覧船もある!

稚児ケ淵は江の島の奥にあるので、坂道を登ったり下ったりする必要があるんだよね。

階段も多いから20分程度の距離だけど歩くのが苦手な人にはちょっと辛いかも……。

でも遊覧船「べんてん丸」を使うと一気に稚児ケ淵に行けるんだ!

 

帰りも江の島を外周しつつ5分ほどで弁天橋まで戻れるよ!

行きは頑張って歩いて江の島を満喫しながら稚児ケ淵へ絶景を堪能!

帰りは遊覧船べんてん丸で楽々戻るな~んてプランもいいよね♪

 

ここあ
ここあ

遊覧船も楽しそう!!

 

遊覧船べんてん丸詳細情報

【行きの乗り場(弁天橋側)】

 

【帰りの乗り場(江の島側)】

 

  • 料金:片道中学生以上400円、6歳以上中学生未満200円
  • 運行期間:天候や波の状況により運行は不定期 当日の10:00頃電話で問い合わせ
  • 問合せ先:藤沢市観光センター 0466-22-4141 8:30~5:00(年中無休)
  • 利用時間:10:30〜16:00頃に15分間隔ほど

※天候等によって途中で運行中止になる場合もあるよ

 

【江の島日帰り穴場】「稚児ケ淵」は磯釣りもできる!

稚児ケ淵は海底が隆起した場所だから岩の割れ目があちこちにあるんだよね。

その割れ目からのぞくと・・・。小さな貝やエビが泳いでいるんだよ。

釣りが好きな人は絶好の磯釣りポイント!!釣りも楽しめちゃうよ。

でもとてもすべりやすいので足元には充分注意して歩いてね。

 

【江の島日帰り穴場】「稚児ケ淵」周辺のレストラン情報

江の島はレストランというよりちょーっと年季の入った食堂って感じのお店が多いんだよね。

江の島の名物は「しらす丼」なんだよ。

ご飯の上に生のしらすがたーっぷりのっているどんぶりだよ!

しらす丼はご当地グルメだから他ではあまり見ないんだよね。

見た目は地味なんだけど(笑)お醤油ちょっとをかけて食べるしらす丼はとーってもおいしいんだよ!!

 

【江の島日帰り穴場】冨士見亭

稚児が淵付近でしらす丼が食べれるお店はここ!

テラス席は目の前が海なんだ!

江の島の奥の方だからこのお店も穴場なんだよ。

 

 

その日にしらすが取れたときは「生しらす」の新鮮なしらす丼が食べれるよ。

取れなかった時は通常見かける「釜揚げしらす」のしらす丼なんだって(笑)

どっちの味も楽しみたい人は生と釜揚げのしらす丼もオーダーできるんだよ。

 

お店の詳細
  • 予算:1,000円~2,000円
  • 営業時間:9:00~日没
  • 定休日:オフシーズンの祝日を除く金曜日
  • 住所:神奈川県藤沢市江の島2-5-5
  • 電話番号:0466-22-4334
  • 喫煙:テラス席は喫煙可なのでタバコが苦手な人は注意してね

 

【江の島日帰り穴場】「稚児ケ淵」へのアクセス情報

詳細情報
  • 所在地:神奈川県藤沢市江の島2丁目
  • 江の島の入り口から、徒歩で約20分
  • 利用料:無料

 

スポンサーリンク

江の島の日帰り穴場スポット江の島アイランドスパ

休日は日頃の疲れやストレスを発散したいよね。

日帰りで素敵な景色を眺めながら温泉に入りに行く~なんて気持ちよさそうだよね?!

そんなあまり知られていない穴場スポットをご紹介~♪

 

 

【江の島日帰り穴場】江の島アイランドスパは景色良し食べて良しの天然温泉

江の島アイランドスパは江の島直下1500メートルから湧き出る自然温泉を利用しているスパ施設なんだよ。

天然温泉だけでなく温水スパだし、その他にもさまざまな設備が整ったリゾートスパ!

疲れもばっちりとれて素敵な一日が過ごせそうだよね。

 

【江の島日帰り穴場】江の島アイランドスパには16種類もお風呂がある!

なんとココには16種類もお風呂があるんだよ!

お風呂好きにはたまらないよね!!

 

裸のままで入る温泉だけでなく、水着を着用しての温水スパも気持ちよさそうだね。

そして屋外スパエリアは穴場の景勝スポットと言ってよいほど素晴らしい景色を味わえるの!

湘南海岸や天気が良ければ富士山や丹沢連峰まで!温泉に入りながら眺められるって嬉しいね♪

 

【江の島日帰り穴場】江の島アイランドスパではオーロラ体験や幻想的なショーも

江の島アイランドスパではショーもあるんだよ♪

北極や南極だけに現れる神秘的な現象オーロラを忠実に再現した「ヒーリングオーロラツアー」を楽しめるんだ。

他にも、水と光、音楽で幻想的な世界を作り出している「ウォーターパールショー」もあるんだよ。

どちらも18時以降のプログラムだから、時間の都合をつけてゆっくりと楽しんでから帰りたいね。

 

【江の島日帰り穴場】江の島アイランドスパのレストランも穴場!!

温泉を楽しんだら、やっぱり美味しいものも食べたいよね。

江の島アイランドスパの4階にあるアイランドグリルは2019年4月にリニューアルオープン☆

どの席からも海が見えるシーフードレストラン&カフェなんだ!

味も景色もオススメできる穴場のお店なんだよ。

 

ドリンク1杯だけの利用もできるし、飲み放題のコース(4,500円~)まであるよ。

温泉に入って冷たい飲み物でクールダウンしたり、家族や仲間とワイワイ食事もできるよね!

地元湘南で採れた魚介類をふんだんに使った料理は、美味しくって食べ過ぎちゃいそう♪

南欧の雰囲気が漂った店内は雰囲気も窓の外に広がる景色も最高だよ!!

 

【江の島日帰り穴場】アイランドグリル

海を見ながらおいしいシーフードイタリアン!ワクワクするよね!

 

 

お店の詳細
  • 予算:2,000円~4,000円
  • 営業時間:
    • (通常期3~11月)平日11:30分~21:00(L.O.20:00)土日11:00~21:45(L.O.21:00)
    • (冬季12~2月)全日:11:30~20:45(L.O.20:00)
  • 定休日:不定休
  • 電話番号:0466-27-7688(予約可)

 

【江の島日帰り穴場】江の島アイランドスパへのアクセス情報

詳細情報
  • 所在地:神奈川県藤沢市江の島2-1-6 送迎バスあり
  • 小田急江の島線「片瀬江の島駅」より徒歩10分
  • 江の島電鉄「江の島駅」より徒歩14分
  • 湘南モノレール「湘南江の島駅」より徒歩14分
  • 利用料:通常期:大人3,120円、子供1,512円  18時以降:大人1,932円、子供1,296円
    • (料金に含まれるもの:天然温泉エリア入場、スパプールエリア入場、リラックスルーム利用、貸し館内着、貸しバスタオル、貸しフェイスタオル)レンタル水着:540円より
  • 営業時間:3月~11月:10時~22時(最終受付21時)12月~2月: 11時~21時(最終受付20時)
  • 定休日:5月・12月にメンテナンス休館あり
  • 駐車場:なし(提携駐車場が4カ所あり)

 

スポンサーリンク

まとめ~っ

神奈川の日帰り穴場スポットを2カ所紹介してみたよー。

元気にお出かけ「稚児け淵」もいいし、のんびりお出かけ「江の島アイランドスパ」も良いよね。

どちらも日頃の疲れとストレスを発散するにはもってこいの穴場スポットだよ!

 

ここあ
ここあ

是非行ってみよー☆