3年A組最終回感想!澪奈を殺した犯人は?一颯が事件を起こした理由とは

『3年A組-今から皆さんは人質です-』がいよいよ最終回!

これまで色んな展開があったけど、どんな結末を迎えるのか楽しみだったよね!?

景山 澪奈(上白石 萌歌)を自殺に追い込んだ黒幕は誰なんだろう?!

もう気になって仕方がなかったよねー!

 

ここあ
ここあ

1週間待ちきれなかったよ!

スポンサーリンク

『3年A組ー今から皆さんは人質ですー』前回までの感想

『3年A組-今から皆さんは人質です-』菅田将暉さんからのコメントだよ!

 

 

最終回までホントに面白かったよね!

『3年A組-今から皆さんは人質です-』期待を裏切らない予想外の展開!

一体どんな目的があって柊一颯(菅田将暉)はこんな大事件を起こしてるんだろう?!

一颯の計算しつくされたこの計画はいつも一颯の想定内!

観ているこっちは毎回ハラハラしっぱなしなんですけどー!

 

一颯が命懸けでこの事件と向き合う生徒への言葉って、一つ一つに重みがあって、心に響いて来るんだよね…。

 

『3年A組-今から皆さんは人質です-』かわいそうで仕方ない澪奈・・・

景山 澪奈(上白石 萌歌)の死の真相が少しづつ解かれていくごとに

いつも予想外の展開で目が離せなかったよね!!

 

水泳界では将来を有望視されていた澪奈への大勢の『羨望』はSNSをきっかけに

同時に大勢の『嫉妬や恨みの対象』となったんだよね。

 

ここあ
ここあ

澪奈ちゃん本当に可哀想だったよね!

『3年A組-今から皆さんは人質です-』驚いたのは武智先生の裏の顔!

シリアスなストーリーの中で武智先生(田辺 誠一)のキャラクターはちょっと別の意味で

貴重な存在だったんじゃないかな?

 

正直敵なの?味方なの?どっちー?って思っていたんだけどまさかまさか!

 

「生徒の未来をお金で取引」していたなんて・・・ほんとショックだったよ…。

 

スポンサーリンク

『3年A組ー今から皆さんは人質ですー』最終回の予想

『3年A組-今から皆さんは人質です-』の9話から最終回の予想をしてみました!

『3年A組-今から皆さんは人質です-』茅野 さくら(永野 芽郁)衝撃の告白

9話のラストシーンで茅野 さくら(永野 芽郁)が「私が澪奈を殺したの」と突然の告白!

もうこれでラストが気になって仕方がなかったんだよ!!

 

これまで澪奈の近くにいた人物は少しづつではあるけれど澪奈の死に関わっていたよね。

でもどれも決定的ではなかったから、ここでこう来るかぁ?って思っちゃったよ。

 

さくらは澪奈にとって大切な友達だし、犯人とは思えないし、逆に犯人だって思いたくないよ!

って感じだったよね!

 

『3年A組-今から皆さんは人質です-』真犯人は?黒幕は誰???

一体なぜ、一颯はこーんな大事件まで起こしているんだろう?とか

真犯人はもっと大きな組織や凄い人物なのかな?

 

もしかしたら意外なところで宮城 遼一(細田 善彦)

うーん・・・。警察関係者ぐらいしか思い浮かばなかったよ!

 

スポンサーリンク

『3年A組ー今から皆さんは人質ですー』最終回の感想

『3年A組-今から皆さんは人質です-』最終回の感想だよ!

『3年A組-今から皆さんは人質です-』澪奈の死の真相は『SNSによって心が病んだから』だった!!

澪奈の死の真相は世間から浴びせられた誹謗中傷で心が病んでしまった結果、自殺してしまう・・・。

本当に衝撃的なラストだったよ!!

 

忘れられないのは一颯ナイフで自分の手を切ったシーンだなー!

ナイフで手を切ればすぐに強烈な痛みと共に血もあふれ出る。

痛覚と視覚から『事の重大さ』がすぐ理解できる。

 

一方、SNSの誹謗中傷は会ったこともない人から、言われもない発言がしかも突然襲いかかってきて

自分の心に何度も突き刺さってくるんだよね。

言われもない誹謗中傷の言葉によって負った心の傷はナイフで切った傷と違って「見えない」から

本人も傷ついている事がわからないし

 

他人なんてもっとわからないんだよね。だから『事の重大さ』もわからないんだね!

SNSで暴言をカンタンつぶやく行為は言われた側にとってどんなに苦痛を強いる事なのか

誰にもわからないし、気が付きもしない事実があるって本当に恐ろしいことだよね!!

 

扱いを間違えると「SNSは凶器になる」ってことを知っておくべきだよね!!

 

『3年A組-今から皆さんは人質です-』さくらは『自分が澪奈の苦しみを背負う』と決意していた?

さくらは「澪奈がもう苦しまなくていいなら・・・」と澪奈の手を放してしまったのは自分だから

自分が澪奈を殺したんだと言っていたけど

冷静に考えて高校生の女の子の握力で下に落ちようとする人の体重を片手一つで握ってなんて

いられないと思うんだ。

 

さくらは大好きな友達である澪奈を助ける事も出来ず、最期は自分が握っている手の力も限界で

澪奈がもう苦しまなくていいなら・・・」という考えもよぎった時に、

さくらは「自分が澪奈の苦しみを背負って生きて行けばいい」と

もしかしたら判断したんじゃないかな?

 

でも、それじゃさくらは自分を責め続けて生きていくことになっちゃうよね?!

 

『3年A組-今から皆さんは人質です-』一颯が事件を起こした真相は『さくらの心を助けるため』だった!!

さくらから屋上での澪奈との出来事を聞いた一颯は「お前のせいじゃない」と励ましていたようだけど

そんな言葉だけでは立ち直れないほどさくらは深く深く傷ついていたんだよね。

 

さくらは自分が殺したと自分を責めていたけれど、本当の気持ちは「最後まで澪奈に生きて欲しかった」って。

さくらの気持ちは凄く切なかったよね。

 

今回の事件を一颯が起こしたのはさくらの傷ついた心を救うには

『誰かが命を懸けるほどの事をしないと救えない』と判断して、

自らの命を懸けた事件だったんじゃないかな?

 

一颯の行動は犯罪なんだけどね。そう思ってしまったよ。

 

スポンサーリンク

まとめ~っ

カンタンに『匿名』で投稿ができるSNSは便利だけど同時にSNSって他人を傷付けるのもカンタンなんだね。

それはどんなに恐ろしい事なのかこのドラマは改めて考えさせられて、

観ているだけなのにまるで自分も生徒として教室にいるような錯覚を覚えたよ。

 

最後、屋上で一颯が自分の命を懸けてネット配信をする様子は

『頼むから!人をカンタンに傷つけないで欲しい!!』と視聴者にまで迫ってきて、

まさに『祈り』だったんだね。

 

このドラマでネット社会の恐ろしさを体感したよ。

インターネット社会の今を生きる人は全員、一颯の授業は『必須科目』かもしれないね!

 

ここあ
ここあ

何故かもう一度観たくなる~