横浜の老舗洋食屋ならザ・ホフブロウ!港ヨコハマに想いを馳せて

横浜、山下公園のかっこいい老舗ザ・ホフブロウ

今回の平成っ娘が選ぶ老舗の名店
横浜 山下公園近くのザ・ホフブロウよ!

小田ちゃん
小田ちゃん

異国情緒の歴史を感じる港ヨコハマの魅力が
たーっぷり詰まったお店なのよ。

スポンサーリンク

ザ・ホフブロウの歴史は?

1951年 もうすぐ70周年になるのね!
フィンランド人が始めたドイツ料理のお店なのよ。
今のオーナーさんはこのビルのオーナーさんなんですって。

当初は別の場所にお店を構えたんだけど、今のお店は1980年に移転した時にノルウェー人のデザイナーさんが手がけたとか。なるほどね~。日本人が外国っぽく造ったんじゃなくて、もともと外国人向けのレストランってことね。今のお客さんはほとんど日本人だけど、オープン当時は外国人でにぎわっていたんだろうな。

入って右側がバーカウンター。左がテーブル席だから友達や家族と食事でも、一人で飲むのでもOKよ!

小田ちゃん
小田ちゃん

お昼はリーズナブルなランチも楽しめるわ。

スポンサーリンク

ザ・ホフブロウの魅力は?

やっぱり港ヨコハマって感じの佇まいよね!
お店の歴史もあるから訪れる人々の様々なドラマかな?

1.創業当時から変わらぬレシピ

オープン当初からの定番メニューを今でも味わえるのも魅力ね!
これまでたくさんの人をその味で幸せにしてきたんだろうな~って思うと、色んなドラマが想像できるわ。

洋食屋さんって言ってもザ・ホフブロウのメニュールーツはドイツ料理よ。イタリアンともフレンチともまた違ったルーツの洋食が楽しめるの。ここでしか味わえないオリジナルな味が当然魅力よね~。

2.名物は”スパピザ”!”温製ジャーマンポテトサラダ”も!

ザ・ホフブロウに来たら“スパピザ”よ!
その他のメニューももちろんおいしいけれど、まずはこれを食べなきゃ始まらないって看板メニューなの!

トマトソースのスパゲッティの上にたーっぷりチーズをのせてオーブンで焼いた一品なの!ここでしか味わえないスパピザのルーツはドイツの家庭料理をモチーフにしたのだとか。これが当時のレシピのまま残っているの。

温製ジャーマンポテトサラダも当時のレシピのままなんですって!バルサミコ酢で程よく酸味が効いていてドイツ料理って感じよね。

3.お店に訪れる人々の様々なドラマ

このお店の雰囲気だと、友達とワイワイよりも好きな人とデートで来たり、その後結婚した二人の“特別なお店”って感じね。
「ここでお父さんとよくデートしたのよ」な~んて子どもが聞いたら「私もデートはここで!」って思うじゃない?代々受け継ぐ特別なお店。これって素敵よね!

代々お客さんの人生にも寄り添うお店って老舗ならではの魅力だと思うの。ザ・ホフブロウの魅力はいろーんな人たちのドラマの”大切なシーン”で関わってきたお店の存在感じゃないかしら。

スポンサーリンク

小田ちゃんの食レポ

いざ!気になっていたザ・ホフブロウへ行ってみることにしたわ!

異国情緒あふれるその佇まい

目印は黄色い看板よ。
外観も外国のお店のような雰囲気よ!絵になるわ~♡
グラスを持ったおじさんのロゴもかわいい!

エントランスはステンドグラスが施してあってとっても素敵なの。
入るとすぐにサキソフォンが置いてあるのが目に入るわ。
あれ?これ蓋がしてある。楽器として使えるのかしら?

木でできた浮き輪のような装飾品がたくさん飾られているわ。
“Welcome Aboard”だって。中は鏡になっているわ。
ザ・ホフブロウって船にようこそみたいな感じね。これで私もこのお店の歴史の一人として加わったって事かなのかしら?!テンション上がって来たわ!

大きなオルゴールケース。
昔のレジスタやブリキのおもちゃ。
アンティック好きにはたまらないわね。

お目当てはもちろんスパピザよ!

“ご注文どうします?”と来てくれたお店の人はとっても気さくな雰囲気。50代くらいかな?(もし違ったらごめんなさい!)スタイルも良くて今にも外国語を話すような感じでショートカットのおしゃれな女性。この人もヨコハマで色んなドラマを経験して来たんだろうな~。

きっと”あの子はきっと名物目当てで来たのよ”って、お店の人には見抜かれちゃったかもね。”そうなんですぅ!今日はスパピザ目当てで来ましたよ!ザ・ホフブロウ初心者ですがよろしくお願いします~”って気持ちでお目当てのスパピザ!をいざ注文よ!

私のスパピザが到着しましたよっ!

うわーん!到着したわよ!私のスパピザ!

小田ちゃん
小田ちゃん

えっ!でかっ!!!

そうなんです。スパピザは女子が一人で食べるにはちょっとボリューム感が半端ないのです。あ~そっか。ここは元々外国人向けのレストランだもんね。ボリュームあるよねーとすぐに納得。

テーブルにドンっと置かれたスパピザちゃんからはチーズのい~い香り。
ナイフとフォークを持っていざ!
まずは二つに切ってみると中からトマトソース仕立てのパスタちゃんが出てくるわ!
今度はトマトソースの香り攻撃だわ!あぁおなかが鳴りそう!
食べやすいように切っていくと存在感あるエビ、玉ねぎ、ピーマン、ベーコンが出てくるー!とにかくなんでも大きいのね。ここでたまらずエビをパクっ!ぷりっぷりで歯ごたえがあって、まぁおいし~こと!

う~ん!これがオープンから変わらないレシピなんだ~!太めのパスタにたっぷりのチーズ。これは洋食好きにはたまらない味よ!パスタと同じくらいの太さで伸びるチーズ!嬉しすぎて笑っちゃいました。
端っこの溶けたチーズが焼かれてパリパリになっているところはまた違った食感があってこれもおいしい!

これが名物になる味なのねー。
このお店を愛するたくさんの人のドラマに、このスパピザが色々な顔で登場して来たんだろうなぁなーんて。私も思いを馳せてみました。

スポンサーリンク

ザ・ホフブロウのお店情報

予算 昼:1,000円~2,000円 夜:1,000円~3,000円
住所 横浜市中区山下町25-1上田ビル1F
営業時間 月~金 :ランチ11:30~15:00(L.O.14:00)ディナー17:00~23:00(L.O.22:30)
土・日・祝: 11:00~23:00
定休日 不定休
電話番号 045-662-1106
喫煙

店内禁煙。外に喫煙エリアあり

小田ちゃん
小田ちゃん

お店に行ってお休みだったらがっかりなので
電話で確認したほうがいいわよ!

港から始まった横浜の近代化には多くの人のいろーんなドラマがあったんだろうな~。
おしゃれでいてどこか切ない雰囲気の古き良き時代にタイムスリップしたような。そんな不思議な空間を楽しめるお店よね。