トヨタ自動車社長「終身雇用はムリ」でこれからの働き方を考える

「終身雇用はムリ」について考えてみた。

日本自動車工業会の豊田章男会長が業界団体のトップとして記者会見の場で話した「終身雇用ムリ」発言が

今、話題になっているね。

企業側にとっては、日本の労働環境でずっと雇用をし続けているのは「メリットが無い」って主張なんだよね。

なぜ、今のタイミングでこの発言なんだろう?

もしかしたら何かが変わる可能性があるんじゃないか?そんなところを考えてみたよ。

 

スポンサーリンク

【終身雇用はムリ】豊田社長の発言を詳しく

2019年5月13日。都内で開かれた記者会見の場でこう発言したんだ。

 

「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入って来たのではないかと」
「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」

 

トヨタ自動車の社長豊田章男氏は、日本自動車工業会の会長でもあるんだよね。

 

この発言を言い換えると、

「今の日本の労働環境で人をずっと雇用をし続けている企業側にはメリットが無いよ」って主張なんだよね。

経団連の中西宏明会長も「終身雇用なんてもう守れないと思っている」と言っているんだよ。

 

これは一体誰に対しての発言なんだろう?

なんでこのタイミングなんだ?

 

ちょっと言葉の整理

終身雇用とは?

業績悪化による企業倒産が無い限り「定年」まで働ける制度の事。

 

インセンティブとは?

意思決定や行動を変化させるような要因の事。

例として

  • 目標達成したらボーナスが出る。
  • これをやったら何かしらのメリットがある等

 

スポンサーリンク

【終身雇用はムリ】誰への発言なのか考える

いつの間にか「人生100年時代」なんてと言われ、

国民は定年後の年金だけでは生活ができない中で、

定年後も働かなざるを得ない時代なんだよね。

定年後も働かなくちゃいけないから、働く側は定年も伸びるんじゃない?

とほとんどの人が思っていたと思う。

 

そこへ来て、トヨタ社長のこの発言だ!

トヨタのような大企業でも、雇用延長どころか、終身雇用すら出来ない時代だと公の場での発言だったから、

みんな将来の働き口が閉ざされるんじゃないかと不安になって驚いているんだよね!

 

トヨタ社長の発言を言い換えると、

「社員の終身雇用を企業に強いるなら、何らかのメリットが無いと出来ませんよ。」って

言っているように聞こえるよね?

 

だとしたらこれって、政府に対しての意見なんじゃないかな?

 

【終身雇用はムリ】いったん、企業側の目線で考えてみる

企業を経営するって大変な事だと思うんだ。

経営側の目線で考えてみると、

一度正社員で雇い入れるとその人をカンタンに解雇出来ない法律がある。

 

人間は誰しも老いていくものだけど、年齢を重ねる事で

柔軟な発想ができなくなったり、長い経験から過去に固執してしまう傾向がある。

体力だって衰えていくものだよね。

 

企業側とすれば働く人の理想として、

柔軟な発想を持っていて、迅速かつ丁寧に対応できる人の方が優秀だってことになるよね。

 

そうなると、やっぱり若い人の方がいいし、トヨタのような製造業は外国人の労働者だってアリなんだよね!

その方が賃金コストも抑えられるから、いいに決まっているからね。

 

でも、年齢を重ねた人にも「生活があるから働き口を何とかしてくださいよ」って政府に言われたところで

会社は困るよ~っていうのが今回の発言なんじゃないかな?

 

終身雇用をしろって言うなら、なんかしらのオマケ(インセンティブ)くれよって言いたいんじゃない?

例えば、税金を安くするとか、終身雇用している企業には助成金を出すとか。

そんなところなんじゃないかな?

 

スポンサーリンク

【終身雇用はムリ】働く国民にも危機を自覚する必要がある

一方政府は「働き方改革」を掲げ、がむしゃらに働くのは辞めて

もっと人生を楽しもうとか、非正規労働者の労働条件の格差を

なくそうと動いているよね。

国民一人当たりの生産性が揚がると国全体の価値が上がるからね。

 

日本は労働人口がこれから少なくなるんだから、頭を使って少数精鋭で行かないと世界と戦えなくなる。

そんな時代は目前かもしれない。

 

【終身雇用はムリ】起こりうるチャンスと危機

終身雇用はなくなる方向だとしたら、

優秀な人はどんどん他の仕事を見つけて転職して経歴、経験を積める!

一企業に骨を埋めるのが美徳とされる考え方は、もうとっくに終わりなんだよね。

それよりもどんどん経験を積んで、自分の経歴を輝かせた方がこれからの人生、賢い生き方なのかもしれない。

 

一方、会社に行けば給料が出ると思っている感覚の人は、危機感を覚え無くてはいけないよね。

もっと言えば、豊田社長のこの発言から問題点を解決するために、正規雇用であっても解雇ができるように

労働法を改定するとか。

もしかしたらそんな動きが出てくるかもしれないよな。

そうなると、非正規雇用でも優秀な人はどんどん仕事を任され、淘汰されていく時代になるんじゃないかな?

 

一人一人が生き生きと活躍する時代。一億総活躍社会の実現。

これこそが今、政府が掲げている「これからの日本」の在り方なんだって。

 

スポンサーリンク

まとめ~っ

今回のトヨタ社長の「終身雇用はムリ」発言は、人生100年と言われる中、

政府が働き方改革を推進する背景において、「企業にしわ寄せを持ってくるのはヤメテ!」と

声を出して言いたかったんじゃないかな?

 

新しい時代には新しい働き方。

新しい考え方を柔軟な発想が生き残るために必要だって改めて考えるきっかけになったよね。