東京赤羽橋でうなぎなら野田岩!江戸から今に継ぐそのお味とは?

野田岩はうなぎの高級老舗

今回の平成っ娘が選ぶ老舗の名店
赤羽橋の五代目野田岩 麻布飯倉本店よ!

小田ちゃん
小田ちゃん

ちょっと奮発してランチに行ってきたの!

スポンサーリンク

五代目 野田岩 麻布飯倉本店の歴史は?

1789年~1801年(寛政年間)の間に創業されたそうよ!
野田岩は江戸時代から200年経った今でも続く歴史あるうなぎ屋さんなの!

小田ちゃん
小田ちゃん

江戸時代~!すごい歴史なのね!

狐うなぎって何?

狐うなぎとは天然のうなぎのことだそうよ。自分でエサを必死に探すから狐のような顔立ちをしているとか。

当時、江戸の名物「江戸前」と言えば、うなぎだったそうよ。

小田ちゃん
小田ちゃん

えっ?江戸前ってお寿司じゃなかったの?

今は江戸前って言うと握り寿司を想像してしまうけど、うなぎだったってことはたくさんうなぎも取れたし、お店もいっぱいあったのかな?

江戸前がお寿司って意味になったのはその後。江戸でお寿司が流行ってからなんですって。こうして江戸前がお寿司って連想が今でも残っているのね。

当時の江戸で人気のうなぎやさんは「狐鰻(きつねうなぎ)」っていうお店だったんだって。そのお店で修業した職人さんが暖簾分けして野田岩をオープン!野田岩は江戸前うなぎの伝統を今でも受け継ぐ由緒正しきお店なのね~。

スポンサーリンク

五代目 野田岩 麻布飯倉本店の魅力はその歴史にあり!

1.代々受け継ぐ職人さんの技術

江戸前のうなぎは素焼きした鰻をじっくりと蒸してふっくらと仕上げた後、みりんとお醤油だけのたれに漬けて炭火で焼くシンプルな調理法なんだって。

うなぎを焼くのに時間がかかるのはこうした手間がかかるのね。シンプルだからこそ、職人さんの丁寧な技が光るってことね。

2.東麻布(赤羽橋)本店の店構え

とっても雰囲気のあるお店なの。ここも一軒丸ごと野田岩よ。老舗のお店はこうしたお店が多いわね。

お蔵のようなお店の佇まいは飛騨高山から合掌造りを解体して運んで古民家風に仕上げた造りなんですって!そのこだわりはすごいわよね!

小田ちゃん
小田ちゃん

飛騨高山って木工で伝統ある街よね?

3.昭和天皇や歌舞伎役者に愛されたお店

このお店はファンの人もすごいのよ。
昭和天皇も野田岩のうなぎが大好きだったんですって。
歌舞伎役者の六代目尾上菊五郎さんは「親父(おやじ)が四代、倅(せがれ)が五代、己(私)が六代目」って野田岩の歴史とご自分の六代目をかけたダジャレ(?)を言っていたそうよ。

小田ちゃん
小田ちゃん

これ、お店のコースターに書いてあったのはこの事なのね!

スポンサーリンク

小田ちゃんの食レポ

うなぎは敷居が高いからなかなか食べられないんだけど、今日はお仕事を頑張った自分へのご褒美♡有休を使って前から行きたかった老舗のうなぎ屋さんよ!

関東のうなぎは蒸して焼くからふわっふわなのよねー!楽しみだわ!!

お店に近づくとまるでお蔵のような佇まい。東京タワーも近くに見えるのよ。増上寺も近いし、江戸から近代の歴史を感じるわ。

お店の中は古い日本家屋の落ち着いた内装。立派で頑丈そうな木のぬくもりをところどころに感じるのわ~。なんだか不思議と落ち着く空間ね!和服姿のお店の人も素敵だわ。昔のお店の模型もあるわ。おもしろ~い。

今日は思い切って「うな重」を注文しちゃった!ちょっと奮発しすぎたかなぁ?まあ、良いことにしよう!なんて色々思いを巡らせているうちに私のうなぎちゃんが到着よ!うなぎは焼き上がりに時間がかかるものだから、長時間待つものだと思っていたんだけど、待ち時間を覚悟していたからか、長い待ち時間には感じなかったわ。

美しいうなぎ!強すぎない上品なタレ!

さてさてお重を開けてみると~!秘伝のタレがかかったうなぎちゃん美しく輝いているわよ!!開けた瞬間うなぎの香りがふわーんとしてきて、もうたまらないのですー!

さてさて最初は山椒なしでうなぎだけ頂きますね。
フワッフワでなーんておいしいのかしら!たれは甘さを抑えてちょっと辛口でさっぱりしているわね。これが江戸前!なのかしら?

やっぱり山椒も欲しいわね。山椒ってうなぎに直接かけるのではなく、ご飯のほうにかけるのが正しい使い方なんだって~。知ってた?

うなぎのたれが染みたご飯に山椒。これよね!うな重の楽しみ方はうなぎだけじゃなのよね♡贅沢だわ~!食べても食べても飽きない上品なおいしさよ。

最初はちょっと量が多いかな~?ってちょっと思ったんだけど、おいしいものはペロッと行けちゃうわね!また来れるようにお仕事がんばろっと!!!

予算 お昼 4,000円~6,000円 夜 8,000円~10,000円
住所 東京都港区東麻布1-5-4
営業時間 11:00~13:30 17:00~20:00
記載の終了時間は、最終入店時間です。
定休日 日曜日
電話番号 03-3583-7852
喫煙 完全禁煙

東京タワーパーキングセンターだったら無料になるのでお店の人に言ってみてね。

小田ちゃん
小田ちゃん

野田岩は暖簾分けでここ以外にもたくさん店舗があるのよ!