『家政夫のミタゾノ 第3シリーズ』4話ネタバレ・感想!村田くんの感想も

今週もやってきました金曜日!ミタゾノファンとしては待ち遠しかったよね!

もう第4話だなんてびっくりだよ!

今回、ミタゾノさんがお仕えする家族は裁判官の家なんだ。

父親が求める正しい立場を貫くあまりに、家族は全員なんだかゆがんじゃっているんだよね・・・。

 

「正しさ」を求められすぎて曲がってしまった家族を、ミタゾノさんはどんな切り口で問題解決をしたのか?!

今回もミタゾノさんの破壊力が炸裂だよ~!!

 

 

スポンサーリンク

『家政夫のミタゾノ 第3シリーズ』第3話の振り返り

大物ゲスト、小堺一機さん演じる、内部官房長官の家にお仕えしたミタゾノさんが、

壊れかかっていた家族の破壊と再生をしたんだよね!

 

『家政夫のミタゾノ』忖度の鬼と化していた内部官房長官

たった二人の家族、娘の絵里ちゃんのためにと頑張ってきた内部官房長官。

総理大臣に忖度して、がんじがらめになっていた内部官房長官だったけど、

本当は間違っているとどこかで気付いていたんだよね。

それを見抜いていたミタゾノさんが早速破壊にかかって・・・

 

『家政夫のミタゾノ』内部官房長官の心を溶かして「親子の絆」を取り戻す

本音をしゃべらずにいられない新薬を飲んでも、忖度のしすぎでなかなか本音が出てこない内部官房長官。

ミタゾノさんが「奥の方まで入り込んだ汚れには力を入れるんです」と

カーペットの汚れを取るってヒントから、やっと内部官房長官の本心がでたんだよね!

官房長官の本心は意外や「家族への謝罪」だったんだ。

ミタゾノさんのおかげで「家族の絆」を再生できて、めでたしめでたし!

 

スポンサーリンク

『家政夫のミタゾノ 第3シリーズ』第4話の感想・ネタバレ

今回はミタゾノさんが裁判にまで出廷しちゃって、ちょっとリーガルサスペンス風「家政婦のミタゾノ!」W

ミタゾノさんの破壊が今回も炸裂したよ!

 

『家政夫のミタゾノ』「正しさ」の追求の果てに壊れかけた家族

今回ミタゾノさんたちがお仕えしたのは正しい裁判官として有名な

玄角裁判官(山崎一)の家だったよね。

裁判官の口癖は「おだまりなさい!」で有名!

どんな不正も許さない正しい裁判官なんだ。

 

裁判官の家はこうあるべき!と家でもやっちゃっているから、家族は最初から窮屈そうだったよ。

 

当初、裁判官は家政婦なんていらない!と言ってミタゾノさんたちを追い払おうとしていたけれど、

シーツに「クソ裁判官一家」と落書きされた汚れを、いとも簡単に落とすミタゾノさんにを見込んで、

結局頼むことになったんだよね。

 

さすが、ミタゾノさんの家事トリビアは万人に認められる凄さがあると思ったよ!

元々、妻の優美子(中島ひろこ)が腰の具合が悪くて、ミタゾノさんたちにお願いしたんだよね。

奥さんのケガの功名ってやつかな?!

 

ミタゾノさんはいつも「正しさ」を基準に戦っているよね?!

もしかしたら、玄角裁判官を落とすことは簡単???

ミタゾノさんの「正しさ」と、玄角裁判官の「正しさ」はどう違うのか・・・

そこが今回の大事なポイントなんだよね!

 

『家政夫のミタゾノ』家族のゆがみが明らかに

シーツの落書き、いたずら電話の犯人は長男の公平(田中奏生)の仕業だったんだよね。

現行犯を目撃されたミタゾノさんに逆切れして「俺じゃねーよ!ブス!」と言ってしまった公平。

これにはミタゾノさん、めっちゃ怒ったよね~!またまた、男の声出てるし(笑)

やっぱり、女装とはいえプライドをもって女性になりきってるんだよね!

 

大丈夫。ミタゾノさんは綺麗だよ!W

その後も家族のゆがみがどんどん明らかになるんだよね。

 

『家政夫のミタゾノ』妻は不倫でと娘の正子のバットから血痕が!

なにやら大きなカバンをもって病院に出かける怪しい妻の優美子(中島ひろ子)。

ミタゾノさんの読みどおり、若い男と不倫していたんだよね。

しかも、150万の時計まで貢いじゃってさー。

夫の玄角裁判官に見つかったらと思うと怖くて仕方なかったよね!

 

その後、納戸から娘の正子(矢作穂香)の

血痕付きバットを恩田(川栄李奈)が発見!

裁判官が今関わっている裁判では宝石泥棒はバットで

店主を殴った事が判明している中、これはただごとでは無い予感だぞ!

ミタゾノさんが「クソ裁判官一家」じゃなくて「ウソ裁判官一家」なんてって言っていたけど、

そこがこの家族の問題なんだよね!

 

その血痕付きバットを発見した玄角裁判官は娘の犯行と早とちりして、

今の容疑者を思いっきり有罪にしようとしてたんだよね。W

今までは正しさを追求してきた玄角裁判官。

家族を想ってのことだけど、本当にそれでいいのかあ?!WWW

真実を明るみにするのが「正しい」判断なんじゃないの?

 

『家政夫のミタゾノ』長女「正子」の机に貼ってあったおじさんは誰?

この人、大学生の長女の机のところに貼ってあったポスターだけど、

ちょっと気になったよね!

このおじさんは「太宰治」昭和初期に活躍した小説家だよ。

 

人間心理を題材とした小説を書いていて有名なのは「走れメロス」とか「斜陽」。

人間の感情を表現するのが上手い作家なんだ。

でも、なんで正子は太宰治の大きいポスターなんか貼り付けていたのか、

ちょっと謎だよね!!W

 

『家政夫のミタゾノ』ミタゾノさんの破壊開始!

父に隠れて不正する家族の重~い空気の食卓に、さらに爆弾を投下したミタゾノさん!

「落書き犯」「フリン」「J正子」の文字のオムライスを出すなんて、ぶっ飛びすぎだよね!

これこそがミタゾノ流破壊なんだよね!

玄角裁判官は、娘の正子が宝石強盗犯だと思い込んで、意味不明の隠蔽をしようとしているし、

 

ここあ
ここあ

もうメチャクチャだ!!

 

これじゃもう「正しい」裁判官なんかじゃないじゃん。WWW

「正しくいることにしばられてしまうと、大事なことまで見失ってしまいますものね」のミタゾノさんの言葉は、

真実から目を背けないことの大切さを教えてくれているよね。

 

『家政夫のミタゾノ』何でもすぐ口にする村田くんが何とも言えない表情W

 

この投稿をInstagramで見る

 

みきちさん(@mikijani2)がシェアした投稿

 

玄角裁判官の机に並べられた哺乳瓶やガラガラを見て「うわ~なつかしい!!」と

笑顔で駆け寄る村田くん(伊野尾慧)。

村田くんは何でも思ったことをすぐに口にする、天真爛漫なところが可愛いんだよね。W

 

家族が揃った食卓で、「J」のペンダントをミタゾノさんが拾ったという場面。

ミタゾノさんが「8時だ」と言うと、裁判官含め家族全員が「J」とジャニーズネタいじってくれたのに、

村田くんはなぜか無言&何か言いたげな何とも言えない表情!W

この番組やってたのは1998年だから、1990年生まれの君は8,9歳だからね。

まだ出ていなかったもんね。

 

8時だJとは

「8時だJ」はジャニーズJr.初の全国放送のゴールデン進出番組。

放送期間 :1998年4月15日~1999年9月22日
制作:テレビ朝日(ミタゾノさんと同局)

レギュラー出演者

MC:ヒロミ・滝沢秀明

  • (当時の)ジャニーズJr.
  • 今井翼
  • <嵐>櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤
  • <関ジャニ∞>横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、内博貴
  • 山下智久
  • 風間俊介
  • 生田斗真
  • 長谷川純
  • 小原裕貴

 

今となってはジャニーズの錚々たるメンバーが出演していた番組だったんだね。

 

『家政夫のミタゾノ』おまけ:村田くんが今回来ていたパーカーはこれだ!

 

 

View this post on Instagram

 

LISAさん(@inoo.0622_hsj)がシェアした投稿

 

今回、村田くんがミタゾノで来ていたパーカーを見つけたんだよ!

このモデルさんと村田くんを比較すると、

着る人によって印象が全然変わるもんなんだなぁ。W

ikka(イッカ)メイ 裏毛ロゴパーカー

村田くん。いや、伊野尾慧くんが着ると可愛い雰囲気になっちゃうから、

不思議だ!

 

『家政夫のミタゾノ』「正しさ」とは追求するものではなく、真実を認めること!

ついに裁判で証人として出廷するミタゾノさん。

何がどうなったらそんなことができるの?

ココはさすがのミタゾノさんとしておこう!W

 

玄角裁判官の無理に有罪にしようとする暴走を止めるには、やっぱりミタゾノさんが証人で出るしかないよね!

裁判で一気に破壊と再生!

それにしても裁判所で家族の私的な事情しゃべりすぎ!!W

おまけに、玄角裁判官の赤ちゃんプレー好きまでばれちゃったWWW

 

家族全員、裁判官であるお父さんの「正しさ」を追求しすぎでと窮屈になったんだね。

 

ミタゾノさんはファスナーの家事トリビアにあわせて、

「どんなファスナーでも使っているうちに1つや2つは違う方に曲がってしまうものですからね」

間違ったら正せばよいことを教えてくれたんだよね~。

 

「正しさ」は追求するものではなく、本当のことを認めることでもあるんだよね。

娘の「J正子」もかっこいいし、公平くんの裁判官志望もぴったりだし、本来は良い家族なのに、

家族を信用せずに型にはめようとしていた玄角裁判官が家族を悪い方向に行かせてたんじゃないかなと思うなぁ。

 

『家政夫のミタゾノ』今回のミタゾノさんの家事トリビア

家政夫のプロミタゾノさん直伝の家事トリビアは毎回見逃せないよね!!!

 

お楽しみ今回の家事トリビア
  • 布に付いたクレヨンを落とすには、表にタオルをあて、裏からアルコールをスプレーして歯ブラシでトントンたたき、50℃のお湯でゆすぐ
  • 付着した血をきれいにするには、消毒液をつかう
  • お風呂場のカビ予防には、50℃のお湯を至近距離で10秒かけると、表面のカビが死滅して予防効果が期待できる
  • ファスナーが動かなくなったら、鉛筆でファスナーを塗ると潤滑剤になり動きやすくなる、曲がってしまった場合はペンチでなおすと元通り

 

スポンサーリンク

『家政夫のミタゾノ 第3シリーズ』次回の展開予想

次回のゲストは安達祐実さん!彼女の演技力でどんなミタゾノになるのかとっても楽しみだよね!

ドッペルゲンガーがテーマとあって、こんどはホラードラマになるのかな?

 

『家政夫のミタゾノ』死んだ母のドッペルゲンガーで乗っ取り計画?

死んだお母さんが帰ってくるなんて、怖いような、嬉しいような・・・

安達祐実さんの妖艶な演技が怪しさを醸し出していて、本当に乗っ取られてしまいそうで、ぞっとするよね。

タピオカで解決って、ミタゾノさんはいったいどんなトリビアを教えてくれるのかな?

 

『家政夫のミタゾノ』ミタゾノさんが3人も?!

ドッペルゲンガーがテーマともあって、予告ではミタゾノさんが3人現れていたけど、これはどんなトリック?

もしかして恩田ちゃんと村田くんがミタゾノさんに変装したのかな?

 

ここあ
ここあ

気になるよねぇ!

 

スポンサーリンク

まとめ~っ

今回は、奥さんの派手な服を恩田ちゃんや村田くんに見せたりする場面があって、

ミタゾノさんが一人で情報を抱えずに二人に情報開示していたようだったんだよね。

 

チームミタゾノが打ち解けてきたようで嬉しかったなぁ!

話が進むにつれて、チームプレーが板についてきた感じで、そこも見どころのひとつだよね!

ふと思ったけど、今までミタゾノさんに再生してもらった人たちは、きっとミタゾノさんに感謝してると思うんだ。

今までミタゾノさんが仕えてきた人たちが出てきて、ミタゾノさんを助けるようなストーリーも見てみたいなぁ!

こんな展開をミタゾノファンとして、期待しちゃうよ!